忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[700]  [699]  [698]  [697]  [696]  [695]  [694]  [693]  [692]  [691]  [690
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、3月1日のNHKクローズアップ現代の「寺離れを止めろ」

について、論考してきたのですが、もう一件、付け加えます。

それは、「じゃあ、ご門徒は、どうすればよいのか」です。

寺の観点からばかり、論じてきましたが、

忘れてはならないのは、

如来聖人より、

「間違いなく、お浄土へ、導きなさいよ」と

お預かりしているご門徒の皆さんのことです。

仏教は尊いと思う、だから教えも勉強したい。

だけど、寺に行っても聞かせてもらえない。

あるのは、世間話か、新聞の切り抜き話、くだらない笑い話か。


大阪のある奥さんが、月参りに来た住職に

「正信偈の意味を聞かせてください」とたのんだら、

「別に、知らなくてもいいですよ」と答えたそうです。

「それじゃ、もう来てもらわなくて、けっこうです。

 私は、正信偈の意味を教えてくださる勉強会に

 行くことにしましたから」と言ったところ、

住職は、青ざめて帰っていったそうです。

これでは、「住職に良いイメージはない・・・90%」

という数字も、納得です。

本来の使命を果たしていないのですから。


ではご門徒の皆さんは、どこへ行けばよいのか。

今更、法華や、オウムや、幸福の科学など、邪教に行く気はないし、

他宗に移る気持ちもない。

そもそも、親鸞聖人は尊崇しているし、教えも学びたい。

「どこに行ったら、親鸞聖人の正しい教えを聞けるのですか?」

この問いを、真宗界全体が、突きつけられているのです。

伝える私たちの責任は、重大です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]