忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[659]  [658]  [656]  [655]  [654]  [653]  [652]  [651]  [650]  [649]  [648
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 他宗ですが、有名人なので、影響もありましょうから書きます。
 この人が、ケータイ小説を書いたという記事から読んでいたら
出くわした、この発言です。

元記事はコチラ

「今、未曽有の不景気になりまして、非常に世の中が
 暗くなっております。死んでしまえばもうそれっきり
 で、生きて帰れない。もちろん仏教では死ねば極楽に
 行けると教えていますよ。でも私は死んだことがない
 からうそか本当か分かりません(笑い)。極楽へ行く
 か地獄へ行くかわからないんですから、生きてた方が
 いいですね。」

もう、無茶苦茶で、間違いだらけです。二点だけ挙げると、

1.「死ねば極楽に行ける」これが、誰でも行ける、という
 意味ならば、そんなこと、釈迦は教えていません。
  「従苦入苦 従冥入冥」(大無量寿経)と仰せです。

2.「極楽へ行くか地獄へ行くかわからないんです」これが、
 誰も知ることはできない、という意味ならば、間違いです。
 「平生に、往生の得否は定まる」と親鸞聖人は教えておら
 れます。

 もちろんこの人、本来は作家で、仏教の専門家ではありま
せんが、その影響力は大きいので、あえて書きました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
僧は仏教の専門家ではないのか?
こんばんは。

>もちろんこの人、本来は作家で、仏教の専門家ではありませんが、

出家している、尼僧である寂聴が専門家でないなら誰が専門家なのでしょう?
なべ 2010/08/10(Tue)20:20:07 編集
なべさんへ
出家した尼僧ならば、皆が教えに明るいか、
というと、そうではないことを、本文中で
指摘したのです。
問題は、姿、形ではありません。
管理人 2010/08/10(Tue)20:43:30 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]