忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[652]  [651]  [650]  [649]  [648]  [647]  [646]  [644]  [643]  [641]  [642
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

西本願寺のサイトによると、8月7日に東京・築地本願寺に、ジャーナリストの
鳥越俊太郎氏が講演に来る、とのこと。

鳥越氏の公式サイトを見ると、確かに、8月7日に、「東京築地本願寺で講演」と
書かれている。

ところが、当の「築地本願寺」のサイトには、8月7日は「納涼盆踊り」としか
出ていない。その「納涼盆踊り」の説明を見ても、「18:00から」とあるの
で、「15時~16時」の鳥越氏の講演は、一行もない。

いや、もちろん、どっかにかくれているのかもしれないが、もっとドーンと見える
ところに、出ていてもよかろうに。招待して、話に来てもらうのに、これじゃあ、
失礼というものだろう。

そも、鳥越俊太郎氏とは・・・・
福岡県生まれ、久留米大附設高校(すごーい進学校!)を出て、京都大学文学部に
学ぶ。(筆者とは、だいぶ学年は離れているので、キャンパスであったことは、
たぶん、ない)毎日新聞で、取材畑を歩み、サンデー毎日の編集長もつとめる。
日本記者クラブ賞や、ギャラクシー賞を受賞、その後は、毎日新聞を退社し、
テレビでキャスターなどをつとめる。
しゃべると、やはり九州なまりが抜けないが、筆者も隣の熊本生まれなので、まあ
まあ理解できる。
思想・信条・宗教的に、何か不都合が出てきたわけではないだろう。ならば、
せっかく来て話をしてもらうのに、表に出せないワケでもあるのか?

東京親鸞会、というのも、なにやらよく判らない団体だが、そこのサイトはない
ので、調べようがない。(もしご存知の方があれば、教えてください。)

少なくとも、「親鸞会」と名乗るからには、親鸞聖人の教えを明かにする団体で
あってもらいたいが、実態は、どうもそうではなさそうだし。

築地本願寺にしても、東京親鸞会にしても、親鸞聖人の教えを明かにするという
使命を、すでに放棄したのだ、と、筆者は推測する。
「東京ボーズコレクション」なんかを見せられちゃ、もうガックリだからね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
「東京親鸞会 築地本願寺」で検索すれば出てきますよ。東京親鸞会は、本願寺派の在京門徒会でしょ。門徒会が、講師に鳥越俊太郎氏を招いた講演会ですから、築地本願寺のサイトに掲載されていなくても問題はありませんよ。

http://www.tsukijihongwanji.jp/tsukiji/shinrankai.html

ニュースの職人日記「東京親鸞会で講演」-2010年8月8日のリスト
http://shuntorigoe.com/cn17/index.html#/list/20100808
NONAME 2010/08/31(Tue)04:59:16 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]