忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[708]  [705]  [706]  [707]  [704]  [703]  [702]  [701]  [700]  [699]  [698
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東北関東大震災では、90時間以上たってから救出される方もありました。

各地で懸命な救出活動が行われています。

原発事故も深刻です。英知を結集し、最悪の事態を回避しようとしています。

政治も経済も科学も医学も

それぞれの受け持ちで、役割を果たそうとしています。

では仏教の役割は何か。

どう生きるかも大事ですが、なぜ生きるかはもっと大切。

そのなぜ生きるかを明らかにできるのは、私たち親鸞学徒だけです。

先日のインタビューである人が答えていました。

「私は助かったけど、家族は亡くなり、家も財産もみな失いました。

私が助かったことが、良かったのか、悪かったのか・・・」

助かったことは、良いに決まってます。

でも、なぜこのように思うのか。次に、ポツリと言われました。

「これから、何に向かって生きていけばよいのか・・・」

そうなんです。

阪神大震災でもそうでしたが

このような大災害のあと、人々は

「何に向かって生きればよいのか」がわからず、途方に暮れるのです。

物資が届き、インフラが復旧して、どう生きるかは確保できても、

一番の原動力「なぜ生きるか」が、分からないのです。

それをこそ、みな心の底では、求めているのです。

これは決して災害にあわれた方だけではありません。

全人類が、これを知りたいと、待ち望んでいるのです。

私たちの、すぐそばで!

今こそ、親鸞聖人の明らかにされた、なぜ生きるの真実を、

叫ばねばなりません。

頑張りましょう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ご自身は、なぜ生きるとお思いでしょうか?
伺ってみたいのです。
なな 2011/03/20(Sun)22:49:02 編集
なぜ生きる
なぜ生きるか。
親鸞聖人の教えられたことに
私は全面的に信服いたしております。
聖人は、生きる目的を
「苦悩の根元を解決し
 よくぞ人間に生まれたものぞと
 生命の歓喜を獲ることである」
と仰せです。
私もその歓喜の人生を生き抜きたいと
心より願っております。
管理人 2011/03/21(Mon)21:35:12 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]