忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[665]  [664]  [662]  [663]  [661]  [660]  [657]  [659]  [658]  [656]  [655
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 日本史では、しばしば「一向宗門徒」「一向一揆」など、
浄土真宗を、一向宗と呼ばれている。
 現在でも、時々、耳にすることがある。
 なぜだろう。

 蓮如上人にも、これを問うた人があったようだ。次のよう
に答えて下さっている。

[一帖目第十五通] 宗名・当流世間

 問うていわく、「当流をみな世間に流布して、一向宗と
なづけ候うは、いかようなる子細にて候うやらん、不審に
おぼえ候う。」
答えていわく、「あながちに、わが流を一向宗となのる
ことは、別して祖師もさだめられず、おおよそ阿弥陀仏を
一向にたのむによりて、みな人のもうしなすゆえなり。
 しかりといえども、経文に「一向専念無量寿仏」(大経)
とときたもうゆえに、一向に無量寿仏を念ぜよといえるこ
ころなるときは、一向宗ともうしたるも子細なし。さりな
がら開山は、この宗をば淨土真宗とこそさだめたまえり。
されば一向宗という名言は、さらに本宗よりもうさぬなり
としるべし。
 されば、自餘の浄土宗は、もろもろの雑行をゆるす、
わが聖人は雑行をえらびたもう。このゆえに真實報土の
往生をとぐるなり。このいわれあるがゆえに、別して眞
の字をいれたもうなり。」

 かくほどに、浄土真宗では、一向専念無量寿仏を徹底して
教えられていた。
 弥陀よりほかの、諸仏、菩薩、諸神、もちろん外道の類にも
一切礼拝せず、供養もしない。
 弥陀一仏に向かうこと、末端の門徒に至るまで、徹底されて
いたことが分かります。

 しかるに、現代はどうか。
 釈迦一代の教えの結論、往生の肝腑、自宗の骨目たる、
「一向専念無量寿仏」を、ご門徒に、どれだけ徹底して
いるか。
 猛省を促さねばなるまい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]