忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[670]  [668]  [667]  [666]  [665]  [664]  [662]  [663]  [661]  [660]  [657
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 あるところで、読んだ言葉である。

「善知識 なぜか記さぬ 体験記」

そういえば、親鸞聖人も、蓮如上人も、弥陀に救い摂られた

年月日時、場所、具体的な体験を記されたところは、ただの

一箇所もない。


ところが、「仏壇の前で、拝んでいたとき、光る阿弥陀様と

対面できた」だとか、「風呂場にいたとき、念仏が吹き上が

り、躍り上がって喜んだ」とか、具体的な体験談を自慢げに

語り、聞かせる、そんな自称「浄土真宗」の集まりがある。


 親鸞聖人、蓮如上人の、全く語られなかったことを語り、

為されなかったことを為す連中は、いったい、どなたの教え

を、信奉する者達なのか。


「苦労した 体験談が 自慢ダネ」

 所詮は、苦労した自己の体験を、自慢話のタネにしている

だけの輩であろう。最初は、珍しげに聞いていた人たちも、

やがては「またあの話か」「ほかに話すことはないのか」と

アキレて去って行くばかりである。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは。
そういう集まりがあるんですか!びっくりですね。
何という名前の団体ですか?
圓見 2010/09/11(Sat)23:54:06 編集
自慢話
 私も、体験談を自慢げに話す布教師に長い間MCされてきました。その布教師は、
「次第にその迷雲も晴れ、今日までの悪疑を恥づるに余念がありません。ただただ『そのままこい』『そのままでよい』とは何と有難いことでしょうか」
と自らの体験を発表したりしています。

 また自分の弟子に(ひょっとしたら布教師さん本人?)こんなことを書かせております。

「さて次に貴方々にはどんな信仰体験があるのか判りませんが、しきりに編集長の信仰体験を追求しておられますが、仏法求めるきっかけは違っても、真実久遠の弥陀に救われた魂の道程は同じですから、私の体験を述べさせて頂きましょう」
「尚こびりついて離れない自力の執心に悲泣悶絶、誰あって声のかけ手のない苦しいドン底に突き落とされた時に、私は久遠の弥陀のみ声をハッキリ聞かせて頂いたのです」
「三定住の境地はそんな生やさしい、苦しみではありませんでした」

 そんな知識から離れて、浄土真宗の本当の教えに遇えた私は幸せ者です。
和賀桐宗 2010/09/12(Sun)07:08:27 編集
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]