忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[392]  [391]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [383]  [382]  [384]  [381
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まずは、こちらのリンクをご覧ください。

「本願寺新報社」のホームページ

「好評発売中!」と書いてあるのが、
「2008(平成20)年4月1日号 好評発売中」ではないですか。
そんな昔のものを出しておいて、やる気あるのかよ!と
言いたくなります。

さらに「バックナンバー」のバナーをクリックすると、
「本願寺新報 平成20年5月20日号」までしか出てこない!
それ以降のものは、ないのか。
あるいは、恥ずかしくて出せないのか。
やはり、ここでも、やる気あるのかよ!と思ってしまいます。

おまけに全部「在庫あり」、そりゃ、あるだろう。
あり過ぎて困ってます、とは、書けないけど。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
管理人さま
はじめまして。私は仏教好きの一社会人です。
このサイトについて一通り拝見させていただきました。
そこでいくつか質問ですが、
・なぜあなたは、本山の悪口ばかりをお書きなさるのか?
・あなたの目指していることは何でしょうか?
このサイトからは上記のことが理解できませんでしたのでコメントさせていただきました。

一般人 2009/01/20(Tue)01:49:16 編集
めざしていること
コメント有り難うございます。
目指していることは、親鸞聖人の本当の
教えが、すべての人に徹底されること、
これ一つです。
 ですから、本山の、ここは良くないと
思うところは指摘し、これは素晴らしい
と感ずることは評価し、是々非々の態度
をとっております。
 悪口ばかりではないことは、全体を、
お読みいただけば、ご理解いただけると
思います。
 以上、よろしくお願いします。
管理人です 2009/01/22(Thu)13:14:11 編集
お返事ありがとうございました。
管理人さま
仏教好きの一般人です。
まず、お返事をありがとうございました。
以下のお返事についてコメントさせていただきます。

>目指していることは、親鸞聖人の本当の
教えが、すべての人に徹底されること、
これ一つです。

 まことに賛同いたします。

>本山の、ここは良くないと
思うところは指摘し、これは素晴らしい
と感ずることは評価し、是々非々の態度
をとっております。

 これについても結構なことと存じます。
しかし少々腑に落ちないことがございます。
今日管理人さまのようなお考えで、浄土真宗の
本当の教えを広めようと志を持った団体は本山
だけではないと私は思っています。
そのなかでこちらのブログに紹介されている親鸞会という団体がございますが、この団体について
は、管理人様が是々非々の態度でここはよくない
と感ずるところはございませんか?
 本山についてはここは良くないと
思うところは指摘し、これは素晴らしい
と感ずることは評価されていますが、こちらについてはこれは素晴らしいといったことしか記事が
ないようですので不公平に感じました。ですので
本山の悪口ばかりをお書きなさるのか?といったコメントをさせていただきました。
どうぞ宜しくお願いします。





一般人 2009/01/22(Thu)23:07:28 編集
無題
重ねてのコメント有り難うございます。
大きな団体、小さな団体、種々ございまして、
外からでも中がよく見える団体もあれば、そう
ではない団体もあります。
 よって、話題が多く集まり、論評しやすい
団体と、話題が少なく、取り上げる回数も
少ない団体もあります。
 後者のような団体を、その少ない情報だけで
あれこれこき下ろすのも、いかがなものか、
とは考えております。
 ご本山は、何と言っても日本最大の教団で
ありますから、大衆を教化することでは、
最も大きな責任を担っていると思います。
 実際は多少違うでしょうが、末寺1万、
一千万門徒を如来様よりお預かりしており、
一人も残らずお浄土へ導かねばならない、
まさに「お手つぎ」でなければなりません。
 よって、他の中小団体よりも、多くの批判
に耐えねばならない、これはまあ、不可避の
ことではないでしょうか。
 おっしゃったような団体についても、情報
が多く集まりましたら、是々非々で論評した
いと思います。
 以上、よろしくお願い致します。
管理人です 2009/01/22(Thu)23:47:44 編集
無題
コメントありがとうございました。

最後に一点だけご質問させていただきます。
私がこのブログを始めて拝見させていただきましたときに感じたことですが、浄土真宗の現状を
一個人としてより客観的な視点で考察され、真宗の未来に向
かって あえて、ひとことかかれたものだと拝察しました。
しかし、私見ながらこのブログを一個人として一通り拝見しましたところで、感じたことを述べさせて頂きますと、管理人様が親鸞会の関係者としてこのブログを運営されているようにお察しします。
もしそうであるなら、プロフィールなどに親鸞会の関係者としての見解を述べているとお書きになるのが筋ではないでしょうか?
団体の大小に関わらず、ご自身のご身分を明かさずに他の団体を批判することは不公平に思います。
ただし管理人様が、どの団体にも所属されておらず一個人としての見解を述べておられるのであれば、問題はないと私は思いますがいかがでしょうか?
以上です。
一般人 2009/01/23(Fri)00:17:49 編集
親鸞聖人の教えを開顕する
一般人さまへ。繰り返し申し上げます。

目的は一つ、宗祖親鸞聖人の教えを開顕する以外にありません。
各派、各団体の活動等を論評する際も、基準は聖人の教えであり、
それ以外の思想、信条、ではありません。
よって、ご本山であれ、他の団体であれ、親鸞聖人の教えに照らして、
これでよいのか、という論評を加えております。
明らかにすべきは、聖人の教えであって、それ以外にないからです。

私の一個人の見解や、私の所属する団体が仮にあったとしてその団体の
見解を述べる場であるならば、私個人の詳細や、団体の詳細を記すべき
でありましょうが、それらを述べる場でもなければ、それを基準に、
他を批評するものでもありません。

ハッキリ言えば、私の思想、信条、考え方などには、何の価値もないし、
そんなものを基準に、他を批評しても、「それはお前の考えだろう」と
一蹴されて終わりなのです。
それよりも、明らかにすべきなのは、親鸞聖人の教え一つなのです。

例えば、私が「九州の人間だ」と書いたら、
「ははあ、九州の人って、こんな風に考えるんだ」という予断、偏見が
脳裏をかすめることでしょう。
私が「○○大学の出身だ」と書けば、「あの大学の人って、こんな
考え方なんだ」という先入観が混じることでしょう。
私が「○○派の人間です」と書けば、「あれは異端だから」などという
レッテルが張られてしまうことでしょう。

しかし、この場で述べているのは、九州人の考えでもないし、
○○大学の見解でもないし、○○派の主張でもないのです。
あくまで、親鸞聖人の教えなのです。

よって、読者に不要な先入観、予断を与えないために、匿名のままで、
種々書いているのです。

ですから、最後に申します。
ここに論評したことで、「それは宗祖の教えと異なる」という点が
もしあれば、あなたも匿名で結構です。コメントでご指摘ください。
あなたがどこの誰であれ、どの団体の方であれ、親鸞聖人の教えはどうか、
という点においてのみ、大いに議論させて頂きたいと思います。
そういう議論は、これまでにもいくつかありましたし、これからも、
あることと思います。

明らかにすべきは、私のプライベートでもなければ、あなたのプレイベートでも
ありません。世界の光といわれる、親鸞聖人の教え、一つだからです。
管理人です 2009/01/23(Fri)11:43:53 編集
無題
管理人さま
ご返信ありがとうございました。
管理人さまのお考えよく理解しました。尊く拝しております。
それから、ブログの記事を通読させていただきましたが、親鸞聖人の教えとは関連のないと思われる記事もありました。そこで私は
・なぜあなたは、本山の悪口ばかりをお書きなさるのか?
と質問させていただきました。このことに関しましては管理人様の一個人としてのご意見と理解させていただきました。

>目的は一つ、宗祖親鸞聖人の教えを開顕する以外にありません。
各派、各団体の活動等を論評する際も、基準は聖人の教えであり、
それ以外の思想、信条、ではありません。
よって、ご本山であれ、他の団体であれ、親鸞聖人の教えに照らして、
これでよいのか、という論評を加えております。
明らかにすべきは、聖人の教えであって、それ以外にないからです。

上記のお考えまことに賛同いたします。
またブログの趣旨についても理解させていただきました。
私は仏教好きの一社会人ですが、教義的な知識があまりありませんので、
今後も拝見し学ばせていただきたいと思いました。
今後も宗祖親鸞聖人の教えに基づいた視点での記事をお待ちしております。
ありがとうございました。
一般人 2009/01/23(Fri)14:27:58 編集
有難うございました
ご理解とご賛同をたまわり、有難うございます。
なお、「親鸞聖人の教えとあまり関連のない」ところについては、どうかとの
ことでした。なるほど、一部ではありますが、そういう箇所もあります。
そこについては、私見であることを、ご理解頂ければ幸いです。
ちょっとばかり、突っ走ったところもあったかと反省しております。

それから、ご提案いただいたように、このブログを通して、ただ批判のための
批判ではなく、論評を通して聖人の教えの一端なりとも解説し、お伝えできる
チャンスがあれば、それこそ願ってもないことです。ご提案のように、今後
させていただきたいと思います。

このたびは、貴重なご意見、まことに有難うございました。
管理人です 2009/01/23(Fri)16:02:20 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]