忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[172]  [171]  [169]  [170]  [166]  [168]  [167]  [164]  [165]  [163]  [162
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


千葉県西方寺(さいほうじ)住職で、本願寺派布教使の西原 祐治
(にしはら ゆうじ)が、今朝の西本願寺の時間「みほとけとともに」
のラジオ放送で、しゃべっていました。
題は「ずいずい ずっころばし」

 この歌は、江戸期の茶壷道中の恐ろしさを、子供にでもわかるように、
保ちやすいように歌の形にして、平たい言葉で、歌いこんである名曲だ、
という話が、大半でした。

 そして、最後には、「南無阿弥陀仏は、私たちが保ちやすいように
阿弥陀仏が作って与えて下されたもの」と言いました。
 どう聞いても、分からない、つまりは、こじつけとしか聞けない話
でした。
 ただ、「ずいずいずっころばし」の歌の由来を、どこかで耳に挟ん
だので、「おい、こんな話、知っとるか?」という意味で結びつけた
としか思えません。
 なんだか、あれこれ批評する気にもならないほどの、アホらしさです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]