忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[634]  [631]  [632]  [633]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [623
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月8日は、花まつり。大聖釈尊のご生誕を祝って、勤められていますが、
では果たして、釈迦一代の教えは何か、明らかにされているでしょうか。

「如来所以興出世 唯説弥陀本願海

   如来、世に興出したもう所以は
   ただ、弥陀の本願海を説かんがためなり」(正信偈)

と親鸞聖人仰せの通り、本師本仏の、阿弥陀仏の本願一つを明らかにされた
のが、お釈迦様一代の教法でありました。

「無明の闇を破するゆえ
 智恵光仏となづけたり
 一切諸仏 三乗衆
 ともに嘆誉したまえり」(和讃)

他の誰もなしえぬ、無明の闇を晴らすことができるのは、阿弥陀仏だけで
あるから、大宇宙の諸仏も、三乗衆も、褒め称えずにはおれないのです。

されば、仏教の結論は、明らかです。

「一向専念の義は、往生の肝腑、自宗の骨目なり」(御伝抄)

一向専念無量寿仏の教えこそ、報土往生の要の中の要であり、仏教の骨目
である、と断言なされています。

この正統な親鸞聖人の教えを明らかにして、花まつりをつとめている寺が
果たして、どれだけあることでしょう。

間違っても、「この日、参拝すれば、一年を、無病息災で過ごせると、
言い伝えられています」なんて、どこかのキャスターが言っていました
けれども、そんなの論外も、論外。話になりませんね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]