忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[633]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [623]  [624]  [622]  [621
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

滋賀県の安土町が、隣の近江八幡市と合併し、新・近江八幡市と
変わります。よって、歴史に名を残す「安土」の地名が消えます。

安土と言えば、「火天の城」という名の映画でしたか、でも描か
れた安土城のあった所です。もちろん城の跡形もありませんが、
日本史では「安土桃山時代」という名が示すように、一時代を築
いた場所でした。

しかし、今ひとつ、強烈に残っていないのは、最終的に信長は、
天下統一を完了できなかったからではないでしょうか。
その事業を成した人としては、秀吉、あるいは家康が、史書には
刻まれています。

信長が、天下統一を目前にしながら、その機を逃したのは、石山
合戦に十年余を費やしたのが大きかったと、歴史家は指摘してい
ます。(NHK「その時歴史は動いた」)

たびたび戦費供出を強制し、大坂・石山本願寺に圧力をかけてい
た信長は、ついに本願寺殲滅を期して、「三日で攻め落とせ」と
命じます。配下の秀吉は、「一日で落として見せましょう」と答
えたと言われています。
 多少、武士が混じっているとはいえ、大半が農民、町民の集団
であり、戦のプロであった千軍万馬の信長軍の敵ではない、と、
見くびっていたのでありましょう。

 ところが、「進めば極楽、退けば地獄」愛山護法に燃える全国
の親鸞学徒が結集し、信長の猛攻をしのぎ、ついに仏敵の蹂躙を
許さなかったのでした。
 とうとう十年もの長年月を浪費してしてしまい、信長は天下統
一を果たせぬまま、悪業の報いで、明智光秀勢の不意打ちにあい、、
五十年弱の短い生涯を、本能寺の地獄の炎の中で終えたのでした。

 ああ、そして、安土城も残らず、安土の名も消えて、残るのは
スケート選手の名ばかり、と、なってしまうのでしょうか。
 織田信長、享年49歳。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
親鸞と信長。

歴史にifは禁物ですが、
どちらかが歴史上存在しないかった場合のことを考えると信長がいない歴史の方が日本にとって損失が多いのではないでしょうか?

信長は堕落した宗教を徹底的に破壊しました。これはおそらく信長だからこそできたことです。

現代にも信長が必要です。
この不況でも京都の祇園には坊主の姿が目立つといいます。

修行ではなく作業をこなして坊主になっている現代の仏教。
トライアスロンのように山を歩き回って尊敬を集める者もいます。

いずれも宗教の使命である救済力を高めることに役立っているとは思えません。

人を救えない宗教は不要です。
なべ 2010/03/28(Sun)08:37:52 編集
なぜさんへ
ところが、信長が粉砕したはずの宗教が、その後、息を吹き返し、
現代でものさばり歩いています。

「泥水だから飲むな!」
と、いくら叫んでも、ノドの乾いた人には、通用しません。

 そんな時は、きれいな清水を与えることが何より大切です。
 あなたの言葉でいえば、「救済力のある宗教」をこそ、示さねばならないのです。
 それを示し得た人物は、親鸞聖人しかおられません。されば司馬遼太郎氏は、
「鎌倉(時代)というのは、 一人の親鸞を生んだだけでも偉大だった」
    (「この国のかたち(1)」)
とまで語っています。
管理人 2010/03/28(Sun)23:18:09 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]