忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[636]  [634]  [631]  [632]  [633]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 親鸞聖人、教行信証に、
「悲しきかな 愚禿鸞、愛欲の広海に沈没し、名利の大山に迷惑して、
 定聚の数に入ることをよろこばず、真証の証に近づくことをたのし
 まず、恥ずべし、傷むべし」
と仰せです。

「ああ、情けない親鸞だなぁ。愛欲の広海におぼれ、名誉欲と利益欲に
 ふりまわされて、〝浄土へ往ける身になった(定聚の数に入る)こと〟
 をよろこばず、〝仏のさとり(真証の証)に近づいていること〟も、
 たのしまないとは。どこどこまでも痺れ切った奴だなぁ!
 恥ずかしきことよ、悲しきことか」

 このお言葉を聞いて、「私も、愛欲や、名利でいっぱいだ。親鸞様と
一緒だなあ。こんな私でも、死ねば極楽へ往かせて頂けるとは、なんと
有り難いことか!」と、よろこんでいる人が多いのですが、では、
「恥ずべし、傷むべし」という懺悔の心は、あるのでしょうか。

 欲や怒りがあって当たり前、それがどうした、煩悩はいくらあっても
往生のさわりにはならないのだから、と、少しも懺悔の心はありません。
 懺悔がないから、歓喜もない。これでは、親鸞聖人がこう仰せられた
御心とは、かけ離れていること千万里ではないでしょうか。

 先日、ある人との会話で、ふと気になったことです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]