忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [345
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中外日報8月28日号に載っている話題です。

「仏教文学先駆者の多屋頼俊著『歎異抄略註』を復刊」

多屋氏の著書について、大谷大学の石橋義秀教授が語っておられます。

「真宗学、仏教学の立場で解釈すると思想・信仰に重点が置かれてしまう。
 多屋の解釈は徹底してこの先入観を排除したことにあり、厳密に解釈する
 ことで著者・唯円の意図により近づくことができる」

それは、逆です。思想・信仰を徹底排除して、歎異抄を読めるはずがありません。

序文にあるではないですか。

「ひそかに愚案を廻らして、ほぼ古今を勘うるに、先師の口伝の真信に
 異なることを歎き、後学相続の疑惑あることを思うに、幸いに有縁の
 知識によらずば、いかでか易行の一門に入ることを得んや。まったく
 自見の覚悟をもって、他力の宗旨を乱ることなかれ。」

教義・信仰について書かれたのが「歎異抄」であると、著者自身がおっしゃって
いるのに、それを「徹底排除して読む」のですから、著者の意図が分かるはずが
ありません。

 一例が、第七章について、
「念仏者は無碍の一道なり」
これを多屋氏は、

「念仏者は無碍の一道である、
と解釈していたのは間違いだ」

と言います。
石橋教授はここを解説して、

「念仏者は無碍の一道なりと解釈しては、
意味として通じにくい.
念仏は無碍の一道なり、と読むべきだ」

と言われるのです。

ところが反対で、そのほうが、「意味が通じない」のです。
直後に、「念仏者」を「信心の行者」と言い換えられているでしょう。
 聖人直筆のお言葉では、和讃に、

「利他の信楽うる人は
 願に相応するゆえに
 教と仏語にしたがえば
 外の雑縁さらになし」

と宗祖は仰せです。「無碍」のことを「外の雑縁さらになし」といわれ、
それは「利他の信楽うる人」のことである、と仰せです。
 他力真実信心を獲得した人は、外の雑縁さらにない、無碍の一道に
出ることができる、と仰せではないですか。

「念仏者は無碍の一道なり」
 弥陀に救われ念仏する者は、
 一切が障りとならぬ、絶対の幸福者である

ということなのです。

 多屋氏は、当時の文法にしたがって厳密に解釈した、と言われますが、
真宗教義にはしたがわれなかったのでしょうか。
 文法にはしたがうが、教義にはしたがわない、そんな姿勢では「歎異抄」は
読めません。

 蓮如上人が巻末に

「当流大事の聖教たるなり。
 無宿善の機に於ては左右無く之を許すべからざるものなり。」

仏縁浅き者に『歎異抄』の披見を禁じられた洞察に、ただただうなづかずに
おれないではありませんか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]