忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[226]  [225]  [224]  [220]  [221]  [223]  [222]  [219]  [218]  [217]  [216
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「みほとけとともに 西本願寺の時間」では、先週に続いて、
富山県長福寺住職で 本願寺派布教使の、日南 淨円 (ひなみ
じょうえん)氏のトンデモ説教が炸裂しました。

 そのゴ尊顔は、こちら。

 またしても、親鸞聖人のお言葉からではなく、ご門徒で、
93歳で亡くなったカズエさんのお話から、スタートです。
庭にあった松の木がどうのこうとか、ある先生の「日本人
の精神的土壌」の話やら、出すに困って金子大栄が「人生、
やり直しはできないが、見直すことはできる」と言ったの
まで引っ張り出して、何が言いたいのか、意味不明の話が
延々と続きました。

 最後に、ようやく親鸞聖人のお言葉を出したのが、
「如来の作願をたづぬれば
  苦悩の有情をすてずして
  回向を首としたまひて
  大悲心をば成就せり」   のご和讃でした。

 しかし!これを釈して、こうのたまったのです。
「悩み苦しみを持つ私だからこそ、尊い如来様の大悲の
お名告りが届けられているのです」

 あのねェ、「大悲心を成就された」ことと、それが私に
届いたことと、同じですか?
 名号成就は十劫の昔でも、それがただちに私に至り届いた
ことと、同じなのですか?
 
 西本願寺のホームページにもありますが、あなたは、
布教伝道の目的について、
  「南無阿弥陀仏の本願名号のいわれを聞きひらき、
   信心獲得する聴聞の場です。
   その目的を実現していくようにこころがけねば
   なりません。」
と書かれているのを、ご存知ないのか。
 布教伝道の目的を知らぬ布教使、これじゃ笑い話にも
なりゃしません。

 十劫の昔、名号成就とともに、すでに私たちは助かって
しまっているのならば、「信心獲得する」必要もないし、
そもそも「聴聞」さえ、必要なくなるじゃありませんか。

 ならば、蓮如上人が
「この信心を獲得せずば、極楽には往生せずして、無間
地獄に堕在すべきものなり」
と仰せられ、
「火の中を 分けても法は 聞くべきに
  雨風雪は もののかずかは」
「世間の仕事を すてて聞け」
と、手に汗握ってご教化くだされたのは、なぜですか。
 聞法など、必要ないということになりますよ。

 となれば、「説教」も「法話」も「学習会」も「ラジオ
法話」も、なーんにも必要ない。教団も、不要、という
ことになりますよ。

 先のリンクをたどって、こんな教団不要論をぶち上げた
エラいセンセイの、ゴ尊顔を、どーか拝してください。

 こんな勉強のページがありましたので、ご参考まで。
「信心獲得しようと真剣に求めるのは間違いか」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
名号は届いてますよ。その届いている名号のいわれを聞きひらくのです。

届いているということは、助かっていることではありません。
しんちゃん 2008/09/13(Sat)14:51:00 編集
「届く」と「救い」
この件については、
http://sinshu.blog.shinobi.jp/Entry/341/
にて、まとめて扱っております。
そちらへどうぞ。
管理人です 2008/09/13(Sat)18:39:28 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]