忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[680]  [679]  [678]  [677]  [676]  [674]  [675]  [672]  [671]  [673]  [669
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は、あえて強い言葉で書きます。

仏教では、迷信だと断ぜられている「日の善悪」を、

なぜ本願寺は「迷信だ」と断言できないのか。

そこまで腰抜けになってしまったのか。

あきれ果てるのは、これだ。

本願寺派布教使・野村康治・大阪府瑞松寺住職が

しゃべった「みほとけとともに 西本願寺の時間」である。

「日の善し悪しに従えば、悪いことが起こらないのでしょうか」

というテーマについて、語り始めた。

答えは・・・結局、最後まで語られなかった。

「仏滅に結婚式をあげると不縁になる」

「友引に葬式を出すと死者が連れに来る」

「三隣亡に建前をすると災いが来る」

具体的に、これらの例を挙げた。

何もためらうことはない。

「一切、迷信です」と一刀両断すればよい。

ところが、最後まで、それが言えない。

いつしか話は、臨終の相と往生との話に変わっていく。

さらには、お悔やみの言葉のかけ方に、流れていく。

テーマである「日の善悪」には、ついに何の答えも出なかった。

この腰抜け、と断ずるのは、以下のご教導を知るからである。

=======================================================
御文章一帖目第九通

 仏法を修行せんひとは、念仏者にかぎらず、物さのみいむ
べからずと、あきらかに諸経の文にもあまたみえたり。まず
『涅槃経』にのたまわく、「如来法中 無有撰択 吉日良辰」
といえり。この文のこころは、如来の法のなかに吉日良辰を
えらぶことなし
となり。また『般舟経』にのたま
わく、「優婆夷、聞是三昧欲学者、乃至 自帰命仏帰命法
帰命比丘僧 不得事餘道、不得拝於天、不得祠鬼神、不得
視吉良日、已上」といえり。この文のこころは、優婆夷この
三昧をききてまなばんと欲せんものは、みずから仏に帰命し、
法に帰命せよ、比丘僧に帰命せよ、餘道につかうることを
えざれ、天を拝することをえざれ、鬼神をまつることをえ
ざれ、吉良日をみることをえざれといえり。
 かくのごとくの経文どもこれありといえども、この分を
いだすなり。ことに念仏行者はかれらにつかうべからざる
ようにみえたり。よくよくこころうべし。
=======================================================

数々の経典の根拠を示されて、日の善悪など、迷信だ、信じては

ならないと厳しく戒めておられる。

 にもかかわらず、まさにその「日の善し悪し」をテーマに

掲げながら、何をごまかし、逃げているのか。

 迷信を迷信と言えない。

 外道を外道と言えない。

 ただちに浄土真宗の看板を返上されたし!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]