忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[682]  [681]  [680]  [679]  [678]  [677]  [676]  [674]  [675]  [672]  [671
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

葬送ジャーナリストの碑文谷さんが、11月27日付けの中日新聞に

寄稿しておられた。葬式仏教の崩壊を、伝えておられる。

象徴的な、こんな話が紹介されていた。

流通大手のイオン(民主党岡田幹事長のところの、あのお店)が

葬送事業に参入して、「明朗会計」を宣伝文句に、僧侶への

お布施の額の目安表まで作成した。

これには、全日本仏教会が猛反発。抗議を受けて、イオンは

目安表を撤廃した。

しかし、目安表を望んでいた顧客が多かったことも事実だ。

・・・・という内容であった。

つまりは、葬儀に対して、一つの料金として、知りたかったので

業者としては、顧客のニーズに合わせて、作成したのであろう。

しかし、本来のお布施は、料金というようなこのとは全く異なる。

法施に対する、財施であるから、あくまでもお気持ちである。

一時間の講演に対して何万円というような筋合いのものではない。


★では、なぜ、一般の皆さんは「料金」と理解しているのだろう。

当ブログは、宗教ブログだから、この点に論考を加えたい。

一定のサービスを享受した人は、一定の料金・代金を支払う。

「代金」つまり、何かをしてもらった「代わり」である。

「料金」「代金」の場合、一定のものである。

では、そのサービスに大変満足したから、少し余計に渡したい、

そんな時にはどうするか。

これがいわゆる「チップ」とか「心づけ」というものだ。

飲食業、サービス業などでも、一般化している。

そこには、「定額」というものはない。思い切りはずむ人もあり、

ほんの少しだけ、という人もある。それが「チップ」だ。

しかし、決まったものではないから、「満足しなかった」という

人は、当然、払わない。支払うのは、あらかじめ知らされていた

「料金」「代金」だけである。業者も、もらえなかったからと

いって、請求はできない。(この点、あらかじめ、「サービス料

込み料金」などというのは、また別の次元の問題であるが)

つまりは、そのサービスに「満足した」なら出すし、「不満である」

ならば出さない。

今日の葬儀に、あらかじめ示された「料金」「代金」は払うが、

それ以上、出したくない、と一般の方が思うのは、僧侶の提供した

ものに「不満だから」ではないか。何の感動もなく、有難くも

思わない、あらかじめ決められたものを、淡々とこなしただけで、

それ以上のものを、何もいただけた思わない。

さすれば、「お気持ちで」といっても、全く出されないのは当然だ。

★「もっと提言をせよ」という、この前の方のアドバイスに従い、

ここからは、そういうことを、書きます。

法事、葬儀は、法を伝える場である。聞法の場である。

日ごろ忘れていた、命の無常を、近親者の死を通して知らされた

人々に、「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろずのこと

皆もって、そらごと、たわごと、真実あることなきに、ただ

念仏のみぞ、まことにておわします」の真実を、お伝えする。

後生の一大事に目を向け、弥陀の本願を聞くご縁とするならば、

単なる形式、儀式の場が、法味愛楽の場と変わるであろう。

無上甚深の法を聞かせて頂いた、報恩感謝のお志が、お布施であり、

ならばこそ、「目安表などというものではない」と、抗議がなされた

のは、至極当然なのである。

 これは、法名・戒名についてもいえることだが、長文となったので

またの機会にしたいと思う。

 きょうはこれまで。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
葬式仏教が無くなれば・・本当の仏教に戻れるでしょう。
盛り塩 2011/01/18(Tue)23:44:49 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]