忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[685]  [683]  [684]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678]  [677]  [676]  [674
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 大谷光真門主の紹介記事が、12月14日付けの中日新聞に

掲載されていました。ということは、東京新聞にも同じく

掲載だったのでしょうか?

(東京方面の方、情報求む!)

 同じく、14日の朝日新聞「こころ」面には、文化人類学者の

上田紀行氏との対談本の紹介が、掲載されていました。こちらは

4段抜き、けっこう大きな記事です。

 上田氏との対談本というのは、平凡社から出された「今、ここに

生きる仏教」ですが、この刊行を機に、二人が、12月3日東京は

築地本願寺で、記者会見をした、とのことでした。

 一気にこれだけ露出するということは、どういうことか、その

裏事情がわかる人は、「ははーん、なるほどね」と思われるで

しょう。だって、ただ本1冊出しただけで、こんなに紙面に露出

できませんからね。

 というような裏事情はさておき、

 これは、まずいんじゃないの、というのが、いくつか。

「浄土真宗の門徒や、寺院が、減ってきている」

と、内情を暴露してしまい、さらには、

「各地の住職や信者らの声が、本山に集まってきません」

という困った状況まで、○○正直に言われたうえに、

「組織として大きな欠点があります」

とまで、掲載されてしまったことです。

 それを受けてか、調子に乗ってか、上田氏まで

「日本の仏教は、今、坂道を逆行してすべり落ちている」

と直言しています。

 まあ、惨憺たる現状を、赤裸々に述べ、

この廃墟からいかに立ち上がるか、を見て欲しい

ということなのかも知れません。

 しかし、その立ち上がり方が、これでは、ねえ。

「社会に向けて貢献できる組織に変えていく」

 教団の主たる事業は、社会貢献である、たしかにこれは

以前からも言われていることですが、さらにつっこんで

「病気になって苦しむ患者を救うために、最大限の努力をする

ことが大切です」

これでは、どこかの医療法人の理事長さんかと、思ってしまう。

 さらに、続きます。その患者さんへの努力について、

「何をしても失敗する可能性はありますが、

 どんな失敗をしても、阿弥陀様の『他力』に

 支えられているという安心感から、

 失敗を承知で取り組むのがつとめ」

そういう医療現場での失敗を支えるのが、阿弥陀様のお力、

というのは、何とも、驚きです。


 そもそも『他力』とは、いかなるものか、ご存知なのでしょうか。

「他力というは、如来の本願力なり」(教行信証)

と仰せられ、そのはたらきについて、

「無碍光如来の光明と

 かの光明智相とは

 無明長夜の闇を破し

 衆生の志願をみてたもう」(親鸞聖人)

 破闇満願のはたらきであると、祖師聖人は明言しておられます。

 この無明長夜の闇こそ、全人類の苦悩の根元であり、これを

一念で破る弥陀の願力不思議こそ、私たちが全人類に明らかに

していかねばならないことです。

「ブログは建設的に」とのご指摘を受け、最後は、そういう前向きな

提言で、しめたいと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]