忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[687]  [686]  [685]  [683]  [684]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678]  [677
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝の中日新聞に、「親鸞展」の全面広告が掲載されていました。

主催は中日新聞、展示物は、本願寺が提供するようです。

しかし、その説明を読んで、ビックリ!

「阿弥陀如来立像」があり、まあそれは仕方ないにしても、

この説明文は、大問題であります!

「本願寺の渉成園内、園林堂の本尊。

 手の形は臨終の際、迎えにやってくる
 
 ことを示す『来迎印』である」

トンでもない話です。

 浄土真宗は、平生業成、往生の業事は、平生に成就するので、

臨終の来迎を待ち望むことなどない。ゆえに「不来迎」の教えである。

 親鸞聖人『末灯抄』に、

「来迎は諸行往生にあり。真實信心の行人は、摂取不捨のゆえに、

 正定聚に住す。正定聚に住するがゆえに、かならず滅度にいたる。

 かるがゆえに臨終まつことなし。来迎たのむことなし」(末燈鈔意)

とハッキリ仰せです。また蓮如上人も、

「不来迎のことも、「一念発起住正定聚」と沙汰せられそうろう

 ときは、さらに来迎を期しそうろうべきこともなきなり。その

 ゆえは、来迎を期するなんどもうすことは、諸行の機にとりて

 のことなり。真實信心の行者は、一念発起するところにて、や

 がて摂取不捨の光益にあずかるときは、来迎までもなきなりと

 しらるるなり。」(1帖4通)

と明言されています。

 にもかかわらず、「来迎」などと、よくも言ったものです。

 これは、ただちに訂正さるべきと思いますが。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]