忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[686]  [685]  [683]  [684]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678]  [677]  [676
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「聞かずにはおれない私」と題して、福岡県眞浄寺の住職、

三好 慶祐(みよし けいすけ)氏が、「みほとけとともに」

で語っていました。

「仏法は聴聞に極まる」と蓮如上人のお言葉を挙げたまでは

よかったとしても、その「聴聞」の解説が、これでは・・・。

この際ですから、三好氏の明らかにできなかった点を、記して

おきましょう。ご参考まで。

──────────────────────────

 阿弥陀仏のお誓いは「聞其名号、信心歓喜」とあります

ように、聞いて信ずる者を助けるという御約束ですから、

聞くということが、阿弥陀仏に救われるに最も大切なこと

なのです。

 故に、親鸞聖人も蓮如上人も「仏法は聴聞に極まる」と

まで道破なされています。すでに聴聞といわれていますよ

うに、聴もきく、聞もきくということですが、仏法では、

聴というきき方と、聞というきき方とを厳然と区別されて

いることを、よく承知していなければなりません。

 先ず、聴というきき方は、ただ耳からきいて頭で合点し

ているようなきき方を言います。2+2は4、4+4は8、

というように、きいて納得している状態をいいます。

 庄松同行が「合点ゆかずば合点ゆくまでききなされ、

きけば合点のゆく教え、合点したのは信ではないぞ、

それは知ったの覚えたの」と言っていますが、このような

きき方を聴といいます。

 このようなきき方はいくらでもできますが、このような

きき方をいくら重ねていても阿弥陀仏の救いにはあわれま

せん。

「聴聞ということをば何と心得られて候やらん。ただ耳に

ききたるばかりは聴聞にてはなく候。その故は千万のこと

を耳にきき候とも、信を獲候わずば、きかぬにてあるべく

候。信を獲候わずは報土往生かなうまじく候」

と、蓮如上人仰せになっているのはこのことなのです。

 耳にいくら千回万回の法話をきいても、それでは聴の

きき方ですから助からないのです。

 では、聞というのはどんなきき方かと申しますと、

心のドン底へ阿弥陀仏のジカの呼び声が響き亘るきき方

をいいます。

 聴は上辺の心が善知識の御教化をきいて合点して有り

難がっているきき方ですが、聞は下の心のドン底に、

阿弥陀仏の呼び声がきこえた時のきき方をいうのです。

 だから聴は何十回何百回でもありますが、聞という

きき方は一生にたった一度キリしかありません。

 親鸞聖人はこれを、

「回心ということ一期に、ただ一度あるべし」

と仰有っています。

 その一度も、ある人で一度であって、ない人がほと

んどです。

 この阿弥陀仏の御声が心のドン底へ、ジカに聞こえた

一念で大安心大満足の境地におどり出させて頂きます

から、この時を聞即信というのです。

 即という字は、時をへだてず、処をもへだてずという

ことですから、阿弥陀仏の呼び声が聞こえた、その時、

その処で信心歓喜と大安心し、絶対の幸福にさせて頂ける

ということが聞即信といわれるのです。

 庄松同行はこれを「合点せよとは口では言えど、不思議

不思議の外はない」と言っています。

 六連島のおかる同行は「たった一声聞いたのが、その

一声が千人力、四の五の言うたは昔のことよ、そのまま

来いの勅命に、いかなるおかるも頭が下がる」と、おどり

上がって喜んでいます。

 この驚天動地の一念の体験を聞即信というのですから、

この阿弥陀仏の御声をジカに聞くまで、聞きぬきましょう。

──────────────────────────

批判ばかりでなく、建設的な意見をとのことでしたので、

以上、書きおきます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]