忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先の宗会で、議論にもなった、「あんのん保険」ですが、
これまで、宣伝といっても、月に1,000円の掛け金の場合の、
一番少ない保障額が、掲載されていました。

 でも、それじゃ、あまりに保障内容がお粗末だろう、と、
最新の本願寺新報では、
「月5,000円の場合 入院1日目から18,000円」
というような高額保障の内容に、入れ替えられています。

 要するに、「月1,000円のじゃなしに、月5,000円のにしてね」
という誘導なのですが、保険業界では、当たり前のことでも、
それが、神聖であるべき、「本願寺新報」に掲載されると、
一気にこの新聞全体が、生臭くなって、品位が下がってしまいます。

 手厳しい人は、「それが、宗門の現状を如実に表わしておるんじゃ」
と批判されましょう。それもあって、宗会では、
「ご門徒を相手に、保険の勧誘まで、せにゃならんのか」
「これが、教化活動と、どう関係するのだ」
「門徒の中に、保険会社に勤めている人や、保険代理店をやっている
 人もいるが、それでも、こっちの保険を勧めにゃならんのか」
というような、激しい集中砲火を浴びたはずです。

 でも、でも・・・・、掛け金の数パーセントを、徴集手数料として
宗門に入れてもらえるものだから、そのわずかな金欲しさに、ついに
本願寺は、保険代理店までやるようになってしまったのです。
 ちょっとは、情けないと思ってよ。
 どう思います?宗門の貴公子さん。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
浄土真宗のお坊さんは…
浄土真宗は他宗派と違い、仏事でお金を貰っては行けません!親鸞さんの教えです!仏事以外で生活費を得ないと行けませんから保険の勧誘は仕方ない事です、現代社会ではお坊さんも生活費はかかりますからね
中村 誠 2008/05/20(Tue)05:36:40 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]