忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先日の号で連載は終わりましたが、中外日報が、浄土真宗本願寺派の
特集の囲み記事「アーカイブ」を連載していました。
 かつて、光照前門のとき、本願寺会館が建てられたこと、青年層に法を
伝えていかねばならないと訓示があったこと、本願寺会館での布教大会で
声が小さい布教使に怒号がとんだこと、などなど、大局から細かい記事ま
で、さすが長年、宗門を取材し続けてきた中外だけあって、詳しい記事で
した。

 中でも宗門衰退の象徴的な出来事は、本願寺会館が不要になったことと、
同朋センターの取り壊しでしょう。
 本願寺会館の名称はすでに、「“ビジネスホテル”聞法会館」に移され、
用途はなくなった堀川通りの建物は、この先どうなるのか、と心配の向き
も多いでしょう。
 この土地については、龍谷大学のミュージアムになって、博物館・記念
館として余生を送ることになります。

ああ、これで、
 御影堂は「遺産」、
   本願寺会館は「博物館」、
     聞法会館は「ビジネスホテル」、
       一番力を入れる仕事は「社会福祉事業ビハーラ」、
         詰所は消滅、と、宗門は変わり果ててしまいました。

おまけに、中外にも掲載されていたように
 「正信偈があげられない」
 「七高僧の名を知らない」
 「浄土真宗本願寺派の名が書けない」
という若い僧侶の続出で、人材も払底してしまいました。

 親鸞聖人のみ教えを伝えるという最大にして、唯一の使命は、
とても果たせていません。
 悲しい限りではないでしょうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]