忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[305]  [304]  [307]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先週末のラジオ「みほとけとともに 西本願寺の時間」では
前の週に引き続き、新潟県極楽寺のご住職の登場でした。
 「すでに この道あり」と題して、善導大師の二河白道の比喩
をとりあげて、あれこれ話を展開・・・する前に、時間切れに
なってしまいました。
 結局、何が言いたかったのか?

 私たちは、すでにお念仏の道を歩んでいるのだから、このまま
進んでいけば、死ねばお浄土へ往けるのだ、との論旨。

 みんな、この身、このままで、死んだらお浄土、というのは、
一貫して変わらぬ、本山の教説なのですが、問題は、これが、
祖師聖人のみ教えか、どうか、という点です。

「涅槃の真因は、唯信心をもってす」(親鸞聖人)
「信心を決定せずば、今度の報土の往生は不定なり」(蓮如上人)

 両聖人の仰せの通り、他力回向の真実信心を獲得しなければ、
絶対に報土往生はできないのです。
 ご住職サン、この信心については、ひとことも触れていない。
 いや、知らないのだから、触れられない、のでしょう。

 せっかく、善導大師のご教示を引用したまではよかったのに、
結論がこれでは、ねえ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]