忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[554]  [553]  [552]  [551]  [550]  [549]  [548]  [547]  [546]  [545]  [544
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「優しさばかりでもいけないし、
 厳しさばかりでもだめなのだ」
と、教えていただきます。

 今回の、日本初の、裁判員裁判の記事を読みながら、思いました。
殺人、という恐ろしい行為に及ぶまでには、いろいろな経緯があり、
複雑な背後関係があったことでしょう。
 あるいは、突発的なことかも知れません。
「それは、やむをえないなあ」と思うこともあれば、
「そんなことで、そこまでやるか?」と憤ることもあるでしょう。

今、それに対して、厳しく処罰すべきか、寛大な処置をするべきか、
裁判員になった人は、かなりしんどい判断を迫られたと思います。
相手に応じて、対処するのは、難しいことです。
だから、
「裁判員なんか、やりたくない」
と拒否する人が多いのも、うなずけます。

 しかし、たとえ裁判員にならなくても、親ならば子供に対して、
上司なら部下に対して、先輩なら後輩に対して、キャプテンなら
チームのメンバーに対して、「今、ここは厳しくすべきか。優しく
接すべきか」の判断を、常に迫られます。

 ともに仏法を求める法友に対しても、そうです。
 たとえば、親鸞聖人は、弥陀の本願を聞き誤った者に対しては、
法友といえども、その誤りを厳しく正されたのが、34歳のときの、
三大諍論でした。
 いっぽうで、仏法嫌いの日野左衛門に仏法を伝えるためには、
雪をしとねに、石を枕に休まれて、弥陀の本願を伝えられました。

 とてもとても親鸞聖人には及びませんが、常に、感覚を磨き、
経験に学び、勉強していきたいと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]