忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[550]  [549]  [548]  [547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542]  [541]  [539
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前に、吉村隆真氏のラジオ法話について、当ブログで書きました。

「重層信仰よさようなら」ツメが甘い 2007/09/08 (Sat)

ところが、真相はこうだったということを、コメントでご本人から
頂きました。

「 真相はというとね・・・
 あの法話の本当のタイトルは、「重層信仰」じゃなくて、
 「神様さようなら」というものだったのですよ。だから当然、
 結びの言葉も「南無阿弥陀仏を称えるということは、神様に
 さよならするということなのです」だったのです。ホントは
 ね。ですが、ラジオという性格上、原稿にチェックが入りま
 してね。変更を余儀なくされたのです。あの法話に関しては、
 私も不本意ながら収録したんです。ああ、申し遅れましたが
 本人です。  2007/09/12(Wed)20:22:49」

なるほど、そういうことかとナットクしておりましたが、なんと、
見つけてしまいました。
本願寺熊本別院のサイトにある「ビデオ法話会」で、吉村隆真氏、
勇気をもって、ネットオリジナルの法話をされていました。

「ビデオ法話会」 No.005 2008年2月1日配信 神サマ、さようなら
正しい信心を持つことは、神にさよならすることだ、とキッパリ
断言しておられます。

あの納得のいかぬラジオ法話から半年、何とか、本当のことを伝え
たいとの思いが、ネットを活用して、結実したのですね。

親鸞聖人は、「一向専念の義は往生の肝腑、自宗の骨目なり」と仰せ
であり、蓮如上人もまた「さらに余の方へ心をふらず、一心一向に、
弥陀たのめ」と教えられています。
 阿弥陀仏以外の、諸仏、菩薩、諸神に、一切向いてはならぬ、との
親鸞聖人のご教導を、吉村氏、しっかりと伝えておられます。
 ますます、がんばってくださいね!

(なお、最初は、クン付けで呼んでいて、失礼しました)
(追記。上記のサイトから、ビデオをご覧になれば、
    イケメンの吉村隆真氏に会えますよ!)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]