忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[589]  [588]  [587]  [586]  [583]  [585]  [584]  [582]  [581]  [579]  [578
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

赤ちゃん
 民主党政権となって、子育て支援のために、さまざまな
苦心をしています。
 マスコミでは、「就学3年前の子供に支給する手当てを
廃止する」という点ばかりが強調され、いかにも民主党は
子育てを軽視しているかのように報道していますが、実は、
就学3年前だけに限定せず、さらに幅広い年齢層の子供を
持つ家族への支援策を、しかもより多額の援助を企図して
いるのであって、決して子育て軽視どころではなく、重視
しています。
 どうも、こういうところ、官僚のマスコミ操作による、
いやがらせかと思ったりもします。

 とはいえ、子供をもうけ、育て、一人前にするのは大変
なことです。稚児の初参りのとき、お母さんの代表が、こ
んな誓いの言葉を、無上仏の前で述べておられました。
「我が子を、真摯な親鸞学徒に育てることは、母として、
如来聖人より課せられた、一大使命であると、自覚せずに
おれません」
 私も、子を持つ身となったとき、その責任を、感ぜずに
おれませんでした。

「人身受け難し 今すでに受く」(釈迦)
 生まれ難い人間に生まれることができてよかった。
 人間に生まれたことは、大変喜ばねばならないことなの
だと、お釈迦様は仰せです。
 ところが、喜んでいるどころか、何で生まれてきたんだ
ろう、人間に生まれてさえこなければ、こんなに苦しまな
くてもよかったのに、と、人間に生まれたことを恨んだり、
後悔したりしています。

 それは、何のために生まれてきたのか、何のために生き
ているのか、なぜ苦しくとも生きねばならないのか、生きる
目的が分からないからではないでしょうか。
 本当の出世の本懐を知らされ、その本懐を果たしたとき、
「人身受け難し、今すでに受く」
人間に生まれてよかった!という、生命の大歓喜をあじわう
ことができるのです。

 「そうか、ボクが生まれて来たのは、大事なことを成し
遂げるためなんだ!」
 そう明らかに知らされた時、よし頑張るぞ!のファイト
もわくでしょうし、苦しみも悲しみも「この大目的を果た
すまでは」と、乗り越える勇気も沸き起こってくるでしょう。

 「苦しくとも、なぜ生きるか」これを明らかにすること
こそ、最大の子育て支援ではなかろうか。ニュースを見な
がら、ふとそんな感じがしてきました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]