忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[592]  [591]  [590]  [589]  [588]  [587]  [586]  [583]  [585]  [584]  [582
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時計

17日付けの中日新聞に、お釈迦様の「四十二章経」のお言葉が
紹介されていました。

「汝の寿命はいくばくぞ」
「阿吽の呼吸の間でございます」
         (四十二章経)

 お釈迦様がある時、お弟子に質問されました。命の長さは、
どのくらいだと思うか。
 あるお弟子は、一週間でしょうか、と答え、次のお弟子は、
一日でしょうか、と答えたが、お釈迦様は満足されませんで
した。
 そして、一人のお弟子が「呼吸する間しかありません」と
答えると、はじめてお釈迦様は「そのとおり」と答えられま
した、というお話が、紹介されていました。

「出息入息 不待命終」
 出る息は、入る息を待たずして、命終わる
 吸った息が吐き出せなかったら、吐いた息が吸えなかったら
もう死であり、後生なのです。
 吸う息、吐く息が、後生とふれあっているのです。

 先日、陶芸を楽しんでいた人が、一酸化炭素中毒で、イスに
腰掛けたままの姿勢で亡くなられたニュースがありました。
 ふっと吸い込んだ息が、最期となってしまったのでした。
 釈尊の仏説を目の当たりにし、慄然とする想いでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
上記の「出息入息 不待命終」は、どの経典からのことばでしょうか?

出所をご存じでしたら、是非教えて頂けますか?
教えて下さい。 2009/10/23(Fri)16:44:23 編集
返信
経典名は、記憶が不正確ですが、四十二章経だったと思います。
間違っていたらすみません。
近くでは、『歎異抄』に
「人の命は出づる息は入る息を待たずして終ることなれば」(歎異抄16章)
とあります。
管理人 URL 2009/10/23(Fri)22:30:43 編集
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]