忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512]  [511]  [510]  [509
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

睡蓮

 私の住む近くに、睡蓮がキレイに咲いている池がありました。
 朝の10時から、昼の2時か3時頃までしか咲かないので、
その間、カメラを持った愛好家が、たくさんやってきて、さかん
にシャッターを切っています。
 最近の特徴として、ビデオカメラが増えたのと、通りがかりに
ふと立ち寄って、携帯電話のカメラで撮っていく人もあります。
 そういう時代なんですね。

 蓮といえば、祖師聖人、『正信偈』の中に、阿弥陀如来の
極楽浄土のことを、「蓮華蔵世界」とおっしゃっています。
 仏様は、みな蓮の花の中におられますし、仏事に出される
お菓子も、よく蓮の形をしています。

 なぜ仏教で、花といえば蓮なのでしょう。
 蓮の花には、「蓮花の五徳」といわれる、五つの徳があると
教えられます。徳は特徴の特にも通じます。蓮の花にしかない
特徴が、五つあるということです。

 ・淤泥不染の徳
 ・一茎一花の徳
 ・花果同時の徳
 ・一花多果の徳
 ・中虚外直の徳


 弥陀よりたまわる他力真実の信心には、他の宗教でいわれる
信心には絶対にない、五つの特徴があります。
 たとえば、「花果同時の徳」とは、蓮の花は、花が開くと
同時に、果実もできている、同時である、という特徴です。
 すなわち、信心を賜ると同時に、救われる、ということです。

 他の宗教だと、「こうして信じておれば、そのうちいいコト
があるだろう」というように、信心と、救いとは、同時では
ありません。
 信心獲得した一念同時に、無碍の一道に救われ、「大悲の
願船に乗じて光明の広海に浮かびぬ」と生かされるのは、まさ
に阿弥陀如来の本願以外にはありません。

 その他の四つの徳、いずれも、他力信心の特徴を示したもの
ばかりです。睡蓮の池を眺めながら、有縁の方にまたお伝えし
なければと、思いを新たにしました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
花果同時の徳について質問?
「花果同時の徳」で言われる、花は信心と分かりますが、果は何でしょうか?
NONAME 2009/06/11(Thu)10:53:48 編集
花と果について
果とは、果実であり、結果です。
信心を獲得した結果、獲られるもの、です。
親鸞聖人は「金剛の真心を獲得する者は横に五趣八難の道を超え
現生に必ず十種の益を獲る」と教行信証信巻に教えておられます。
その利益のことです。
管理人 2009/06/11(Thu)12:09:40 編集
ありがとうございます。
返答ありがとうございます。

信心を獲得することが原因で、現生十種の益が結果ですね。了解しました。

(上のコメントで、間違ってタイトルに「?」をいれてしまいました。すみません。)
NONAME 2009/06/11(Thu)12:46:01 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]