忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[267]  [265]  [264]  [262]  [261]  [263]  [266]  [260]  [259]  [258]  [255
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 3月11日号の中外日報の中、リレーコラム「時感断想」第42回で、
東方学院講師 釈悟震先生が、こういう指摘をなさっていました。

 「一杯飲みながら法話を聞けるバー、本堂を開放してロックバンドの
  音楽会で若者を集める、寺院を開放してレストラン、などの取り組
  みが行なわれている。
   これらは、死んだ人のためではなく、生きている人のための仏法
  だと意識しての奇策である。
   しかし、これで果たして「仏教界は頑張っている」という賛同が
  得られるだろうか。大きな疑問である」

 先生の指摘のとおり、酒飲んで、歌うたって、飯食って、みんな集ま
ったから、これで「お寺さん、頑張っていますね」とは、誰も言わない
でしょう。

 いえ、たとえ言う人があったとしても、親鸞聖人、蓮如上人は、厳しく
ご叱責になるのでは?蓮師は仰せです

「ことに近年は、何処にも寄合のときは、ただ酒・飯・茶なんどばかり
 にてみなみな退散せり。これは仏法の本意には、然るべからざる次第
 なり」                 (御文章四帖十二通)

 そして、御同行が集まった時には、信心の讃嘆をしなさいと、お勧め
であります。
 先生の、この指摘を、宗門の皆さん、どう聞かれますか。 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]