忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[715]  [714]  [713]  [712]  [711]  [710]  [709]  [708]  [705]  [706]  [707
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あるブログで「福島原発の事故は、東京電力の問題だ。

米軍に頼るなど、他力本願ではイカン」とのお怒り。

原発問題は、なるほど、その通りですが、「他力」の

誤用は、見過ごせません。

親鸞聖人は教行信証に、

「他力と言うは、如来の本願力なり」

と仰せです。それ以外の力を、他力といっては誤りです。

少なくとも、語源は仏法にあるのですから、それに

従わなければなりません。

------------------------------------------------------
と、ここで終わっては、他の批判ばっかりして、と言われ

ますので、「恩」ということについて。

経典には「恩を知るは大悲の本なり、善業を開く初門なり

―乃至―恩を知らざるものは畜生よりも甚だし」

と、教えられています。

恩という字を見ますと、「原因を知る心」とあります。

因があってこそ、果がある。

今、私が、このように生かされている原因は何か。

そこには、さまざまな方のお力があり、支えがある。

そのご恩を知ることが「知恩」

ご恩を深く感ずることが「感恩」

そのご恩に報いることが「報恩」であります。

恩知らずの私に、さまざまな方が、「お前はこのような

方々の力によって、支えられ、生きているのだよ」と

教えてくださいます。そうか!知らなかった!と、ただ

恥じ入るばかりです。

まず恩を知るところから、始まります。

そして、そのご恩を深く感じ、少しでもお返ししたいと

思う。その心がどれだけ強いか、仏法では強く教えられます。

ある方のコメントに

「さて「感謝の気持ちをもつことは結構なこと」とのこと

 ですが、そもそもこの気持ちはどこから出てくるものな

 のでしょうか。この点をはっきりさせなければならない

 と思います。」

と言われていました。ご恩を知ろうと日々努めていく、その

努力がなければ、ただボーッとしていても、恩知らずのまま

で過ぎていくだけです。「感謝の気持ちは、どこから出るの

か」と、観念の遊戯をしているだけでは、一歩も進めません。

 一つ、ヒントをあげれば、お世話になった方に、お礼状を

出しておられますか。封書、葉書でなくても、メールや電話、

その他、何かの形で、お礼を申し上げる、習慣は大切です。

 あの人のお世話になった、この人に助けてもらった、と、

反省(六度万行の一つ、禅定ですね)を心がけていきますと

いろいろな方のご恩にあずかっていることを知らされます。

こういうところから、恩を知る、感ずる、そして報いると

いう感覚を磨いていきたいものです。

 コメントを下された方へ。

 くりかえしますが「感謝の心は、どこから出てくるか」

などと、頭の中でこねくり回しているだけでは、前進は

ありません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ぶしつけな質問にもかかわらず丁寧に答えてくださりありがとうございました。
阿弥陀如来の他力は「有難き」を「当たり前」と思い込む煩悩具足の私たちのすがたを明らかにしてくださいます。

他力の相承についてはいかがでしょうか?
リーズル 2011/04/05(Tue)22:45:21 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]