忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6.「ただほど高いものはない」
  といわれる
  では「歎異抄」の“ただ”とは

 先に、「念仏さえ称えていれば、極楽へ往ける、と親鸞聖人は教えられた」
という誤解について述べましたが、しかし、「ここを読んだら、そのように
読めるじゃないか」という声が聞こえてきそうなのが、「歎異抄 第二章」の
「親鸞におきては、ただ念仏して弥陀に助けられまいらすべしと、よき人の
仰せを被りて信ずるほかに、別の子細なきなり」
というお言葉です。

 聖人の教えは「唯信独達の法門」と聞いてはいても、ここを読めば「ただ
念仏さえ称えておればよいのだ」と、読んでしまうし、理解してしまいます。
 ところが、この「ただ」、ただの「ただ」ではない、「ただ」なのです。
 一節を引用すると、

「どんな難聴の者にも届く、不可称不可説不可思議の声なき“ただ”であり、
 弥陀と私が同時に生きた「他力信心」をあらわす“ただ”である」

 さて、その真意は。


「歎異抄をひらく」の紹介サイト
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]