忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 かつて「知ってるつもり」という日テレの番組で、
「親鸞聖人」といえば、必ず顔を出してひとこと言った
ひろさちや。

しばらく顔を見ないし、この前のNHK「その時歴史が動いた」
でも、まったく出てこなかった。
どうしていることやら、と思ってたら、こんなことしてたのです。

------------------------------------------------------------
集英社新書
「狂い」のすすめ
          (2007年 1月 22日出版)
 ひろ さちや【著】 販売価:\714(税込) (本体価:\680)

人生は無意味 「生き甲斐」は不要
人生に意味を求めず、現在の自分をしっかりと肯定し、
自分を楽しく生きましょう。
「狂い」と「遊び」、今を生きていくうえで必要な術は
ここにあるのです。
                (本の紹介文より)
------------------------------------------------------------
これじゃ、NHKも、番組に出てもらおうとは、思いませんよね。
人生は無意味なんだもん、生きていることに意味なんてないんだもん。
テレビに出るのも、そこで解説するのも、意味ないんだもん。
「当代きっての仏教思想家である著者」と集英社は持ち上げる。
集英社なんていう、出版事業も、意味ないって言ってるんだよ。
働くのも、食べるのも、みんな意味ないんだよ。

問題は、これが「仏教」だと誤解する人が出てくることです。
人生に意味がないのなら、その意味のない人間に生まれたことを
「人身受け難し 今すでに受く」(華厳経)
人間に生まれてよかった!と、喜ばれるはずがない。
人間に生まれたことは、大変よろこぶべきことだと、教えられる
はずがない。

じゃあ、ひろさちやが正しくて、釈尊が間違いなのか。
ひろさちやがまともで、釈尊が狂っているのか。

・・・・・ははーん、読めてきた。
ひろさちやは、自分が主張するとおり「狂った」わけだ。
他人に「狂いましょう」と勧めるのだから、自分がまず率先して
狂ったわけだ。
だから、釈尊の教えとも異なるし、世間の常識ともかけ離れるワケだ。

とすれば、こんな狂った人に、狂った本に、まともに相手になるほうが
バカらしい、というものだ。
古い言葉だけど、プッツン、しちゃったのですね。
その本の紹介は、こちらです。
「狂い」のすすめ(紀伊國屋WEBより)
ちょっとは、ここで勉強したら、どうですか。
浄土真宗 講座
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
やはり狂ったとしか
この本の広告が、新聞にも出てました。
人生に意味が無い、なんて言ってしまっていいのですか。
それじゃ、自殺しようとする人を、止められないですよ。
お釈迦様も、自殺しようとしていた人に、生きる目的を教えられて、済度されたじゃないですか。
生きる目的も、意味もない、生き甲斐も、必要じゃない。
これって、人間のやっていること、ぜーんぶ
否定していることになりますよね。
何を、考えているのかしら。
墨染 2007/07/05(Thu)11:37:43 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]