忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[570]  [569]  [568]  [567]  [566]  [565]  [564]  [563]  [562]  [561]  [560
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 いつの頃からか、話題にものぼらなくなってしまった、
中日新聞そのほかへの、五木寛之氏書下ろしの連載小説
「親鸞」が、8月31日をもって「完」となりました。

 35歳で越後・新潟へと流刑にあわれる場面がラスト
だったのですが、ある滋賀県の友人いわく、
「滋賀県が、どのように描かれるか、楽しみにしていたら、
『琵琶湖を通り、険しい山道を、敦賀へ抜けて』の一行で
終わり!おーい、もっと書いてくれよ!って思った」
と語っていました。

 確かに、滋賀県から、福井県へ抜ける険しい山道には、
足に血がにじむ中を、わらじがけで越えていかれた木の芽峠
という難所などがあり、しかも、その道筋で、待ちかねて
いた大衆が、村の辻で、宿の軒先で、親鸞聖人のもとに
集まっては、阿弥陀如来の本願を聞かせていただいたという
ところも、たくさんあるのです。
 そういうことには一切ふれず、ささっと越えていかれた
というくだりには、その滋賀の友人、かなりがっかり来た
ようでした。

 さて、皆さんは、あの小説、どのように読まれたでしょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]