忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [369]  [368]  [367]  [370]  [366]  [365
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蓮如上人は、御文章に
「信心決定の人も、細々に同行に会合の時は、
 相互に信心の沙汰あらば、これ即ち真宗繁昌の根元なり」
                    (4帖8通)
「会合の座中に於て、信心の沙汰をすべきものなり」
                    (1帖12通)
信心の沙汰をすすめておられます。

顕正新聞によると、浄土真宗親鸞会(本部・富山県射水市)は、
聞法のための正本堂に続いて、信心の沙汰をする場所として、
同朋の里の建設工事を続けており、来年は、F館に着工する、
と書いてあります。

まあ、たしかに二千畳の大講堂は、毎週、数千とも1万とも言われる参詣者
が一堂に会するには必要ですが、少人数に分かれて、信心の沙汰をする
となると、広すぎますよね。
そこで、同朋の里の建物は、小部屋がたくさん設けられているようです。
(大派僧侶さん、顕正新聞に掲載されている、二千畳満堂の写真を見れば、
 貴文中の「不要な箱物」などというのは、的外れな中傷だと分かりますよ)

蓮如上人は「真宗繁昌の根元」といわれた「信心の沙汰」、大いに
させていただきたいものです。これは、本願寺派、大谷派、親鸞会、など
団体の違いをこえて、真宗であるならば、皆の課題です。

さて本派でも、「話し合い法座」が推進されていますが、「話し合い法座」
などと、祖師のお聖教にも、蓮師の御文にもない言葉をあえてそこにもって
こなくても、「信心の沙汰」で、私はいいと思うのですが。

まあそれはともかく、要するに「信心の沙汰をすべし」であります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]