忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[379]  [380]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [369
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「人生のエンディング」と題した、朝日新聞の連載がある。
先日取り上げた、「葬儀は本来の仏教にはない」という投書も
ここへのものである。

17回目の項を見ると、「お墓は、どこがいいのか」として、
寺院墓地、公営墓地、民営墓地と、候補が挙げられている。

記事によると、

   寺院墓地は、住職がお寺にいるので、手厚い供養を
  してもらえるのが最大の利点。法要も住職に頼める。

   関東地方の約100カ寺でつくるNPO法人「寺院ネット
  ワーク」の和泉逸平さんは「檀家(だんか)にならず
  に使える寺院墓地は、まずありません」という。檀家
  には行事への参加やお布施、山門や本堂の修理工事な
  どの寄付金も求められる。「長男しか入れない寺もあ
  る。住職にしきたりをよく聞くことです」と和泉さん。

   また、寺には提携した石材店がある場合が大半だ。
  お墓も和型が多く、デザインの自由度も高くはない。

という具合で、他の候補にくらべ、評価は低い。
 葬式仏教、墓番仏教に対して、厳しい見方をしていることが
うかがえる。まあ、左翼系新聞だから、仕方ないか。
まだしばらく、続きそうです。
 寺院関係者は、必見ですよ!

朝日新聞の解説図は、こちらです
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]