忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[401]  [400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [390]  [392
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1月の「本願寺新報」から、一件紹介しましょう。
兵庫県宍粟市の西光寺の門徒総代片山英之さんが、家庭法話を23年
続けておられ、親類の皆さんそろって、ご縁にあっておられるとのこ
とが、報じられていました。
家庭法話といえば、親鸞会の活動でも、各家庭での法話会が中心との
こと。上記の、同じ兵庫県でも、こういう流れがあるようです。
兵庫県で加速する「名号本尊」への流れ

「念仏の声を、子や孫へ」とは、以前のスローガンでしたが、子孫へ
というのであれば、その基本は、まずわが子へ。
となれば、家庭での、仏法とのご縁が、極めて大切になってくると
言えましょう。

あなたの家庭では、毎日の「勤行(おつとめ)」できていますか?
親子で、ともに聞法すること、ありますか?

まずは、このような基本的なところから、問いただすべきでしょう。

我が家では、高校生になる息子は、正信偈と「聖人一流の章」は
暗唱しています。親子そろって、お仏前でおつとめできることが
何よりの幸せであります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
>「念仏の声を、子や孫へ」とは、以前のスローガンでしたが、子孫へ
というのであれば、その基本は、まずわが子へ。
となれば、家庭での、仏法とのご縁が、極めて大切になってくると
言えましょう。

その通りですね。蓮如上人も妻子ほど不憫なものはなし、妻子を観化せぬほど浅ましきものはない。といわれているようです。

一般人 2009/01/30(Fri)22:25:00 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]