忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397]  [396
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

真宗教会、2月9日は、「観無量寿経のみ教え~定善観法~」と題して
本願寺派司教・行信教校講師である、高田慈昭師のお話です。

親鸞聖人は、観無量寿経に何が教えられているのか、について、
「臨終現前の願により
   釈迦は諸善をことごとく
   観経一部にあらわして
   定散諸機をすすめけり」

と、ご和讃に教えてくださっています。
 その観経には、定散二善が説かれております。
 その定善には、日想観、水想観からはじまって、全部で十三の観法が
説かれており、これを「定善十三観」といわれます。
 さらに、三善には三通りあり、これを「散善三観」といわれます。

 ということで、今回は、その「定善」についての、お話とのこと。
「息慮凝心」について、さて、どんなお話をされるのでしょうか。
一番のポイントは、「観経所説の定善、散善と、私たちとの関係は」と
いうことでしょうか。
かねて「親鸞聖人の教えに善のすすめは有るのか、無いのか」という点
で、派外との論争がありましたが、そこにも大いに関わってきましょう。
なぜなら、先のご和讃に続いて、宗祖は、
「諸善万行ことごとく
   至心発願するゆえに
   往生浄土の方便の
   善とならぬはなかりけり」

とも教えておられるのですから。
もちろん、「臨終現前の願」すなわち弥陀の十九願についても、お話が
あるのでしょうね。
さてさて、ますます、当日が、楽しみです。
誰か急に「質問!」なんて、手が挙がったりして。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]