忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[579]  [578]  [577]  [580]  [576]  [575]  [574]  [573]  [572]  [571]  [570
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 東本願寺で、9月30日、親鸞聖人の御真影を、もとの御影堂に
お移し申し上げる「還座式」が営まれました。
 修復中であった御影堂が工事完了したのを受け、5年10ヶ月
ぶりに元の場所にお帰りになったことになります。

 ここはやはり、地元京都新聞の記事から読んで頂きましょう。

東本願寺で還座式

親鸞の「御真影」5年10カ月ぶり戻る
    東本願寺で還座式 御影堂修復完了

 真宗大谷派の本山・東本願寺(京都市下京区)で30日、
御影堂(ごえいどう)の修復完了に伴って、宗祖親鸞の
木像「御真影(ごしんねい)」を戻す還座(げんざ)式が
営まれた。僧侶や門信徒にとっての信仰のシンボルが、
5年10カ月ぶりに内陣の巨大な厨子(ずし)に安置された。

 御真影(高さ90センチ)は鎌倉時代に親鸞自身が彫った
と伝わり、江戸初期の東本願寺建立以来、御影堂に安置
されてきた。2003年11月以来、阿弥陀(あみだ)堂に
移されていた。
 午後1時すぎ、阿弥陀堂での勤行に続き、輿(こし)に
乗せられた御真影が、大谷暢顕(ちょうけん)門首、安原
晃宗務総長ら僧侶30人に伴われて御影堂に移された。午後
3時前、内陣の扉が開き、厨子(ずし)に安置された御真影
が姿を現すと、堂内を埋めた5千人近くの僧侶や門信徒が
合掌して念仏を唱えた。>

まあ、平日だったこともあるのでしょうが、5000人、
それでも現在の東本願寺(真宗大谷派)の現状を考えると、
よく集まったほうだと思われます。

 親鸞聖人のご木像をこれだけ大事にされるのであれば、
その聖人のみ教えを、もっともっと大切に、正確に、伝える
使命を果たさねばならないのは、当然でしょう。
 ご木像は大事にするが、教えは間違えて伝えている、という
ことでは、おかしな話ですからね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ごもっとも
人数のことはさて置いても、教えは正しく伝えて欲しいですね。
ぺんぺん草 2009/10/02(Fri)21:32:37 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]