忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[525]  [524]  [523]  [522]  [521]  [520]  [519]  [518]  [517]  [516]  [515
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月4日の毎日新聞朝刊「くらしナビ」のページに、

『偏見根強い宗教界
   通夜で「地獄行き」 戒名に「痴」の文字・・・』

と題して、特集記事を組みました。中に挙げられている具体的な
偏見の例を、列記しましょう。

◆通夜や葬儀の法話で僧侶が「命を粗末にした人間は浮かばれない」
 「自殺は許されないことだから地獄に落ちる」と言われた。

◆息子の位牌の戒名の最後に「自戒」の2文字を入れられた。それ
 が自殺を意味すると知って本山に抗議し、戒名のつけ直しには応
 じたものの、さらに戒名料を請求された。

◆自殺者の戒名に「痴」の文字を入れられた。

◆子供が自殺したので、菩提寺に葬儀を頼んだが断られた。その上、
 自殺した者は、墓にも入れられない、と言われた。

などなど、たくさんの実例が挙げられています。
もちろん、「戒名」とありますから、浄土真宗ばかりではないでし
ょうが、しかし「通夜」や「葬儀」の「法話」といったら、いかにも
浄土真宗のようにも思えます。

いずれにせよ、このように受け取ってショックを受けられた方々が
いるのは、事実です。その遺族と向き合い、葬儀を厳修せねばならぬ
立場の者は、もって肝に銘ずべし、と思わずにおれません。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]