忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[528]  [527]  [526]  [525]  [524]  [523]  [522]  [521]  [520]  [519]  [518
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「みほとけとともに」先週は、「いのちの往きさき」と題して、
愛媛県万福寺・浅野執持氏でした。(写真を見ると、けっこうイケ
メンじゃないっすか!)→珍しくリンクを 「みほとけとともに」
 若い人たちに、何とか仏法を伝えたいというさまざまな取り組み
を紹介され、その中で見えてきた、一般の若い人たちと、僧侶との
思いの違いも、お話しされました。
 全体として、伝道の意欲あふれるお話だったと思います。

 だからこそ、一点、申し上げますと、お話の中で、「前世や明日
の運勢は、自分には知り得ないもの、という思いが強いのかも知れ
ません。ただ仏さまのみ、知り得る世界だと思います」とのこと。

 これについて、宗祖親鸞聖人は、「信楽を獲得した一念に、悠久
の過去も、永遠の未来も、ハッキリと知ることができる」と仰せで
あります。

 善導大師様のお言葉を引用されて、
「自身は現にこれ、罪悪生死の凡夫、曠劫よりこのかた、常に没し、
常に流転して、出離の縁あることなし、と深信す」
と仰せです。

 この私は、罪悪に染まりきった、苦しみ迷いの凡夫である、果て
しない過去から今日まで、苦しみの海に常に沈み、流転輪廻を重ね
てきており、この苦しみの世界から、出離する縁も手がかりも、金
輪際ない私でありました・・・。

 真実信心とは、機と法の、二つの深信でありますが、その中の、
「機の深信」を言われたのが、上記のお言葉です。
 歎異抄でいえば、
「いずれの行も及び難き身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし」
とも仰せです。

 そんな地獄しか行き場のない者が、
「弥陀五劫思惟の願を、よくよく案ずれば、親鸞一人がためなり」
私一人を救わんが為の、弥陀の本願であったと、歓喜なされたのが、
法の深信であり、この二つがともに火に触ったよりもハッキリしま
すので、これを「機法二種一具の深信」と言われます。

 ゆえに過去も、未来も、ハッキリ致しますから、大安心、大満足
の幸せになられた境地を、
「大悲の願船に乗じて、光明の広海に浮かびぬれば、
 至徳の風しずかに、衆禍の波、転ず」(教行信証)

と仰せられました。

 説法においては、「私はこう思う」と自分の考えを述べるのでは
なく、「親鸞聖人はこうおっしゃっている」と宗祖のお言葉を示し、
これを聞く人に分かりやすく説き示していく、そうなされたら、
布教意欲満々の浅野氏だけに、より多くの皆さんの心をつかむこと
になるでしょう。

 ラジオ法話では、いろんな人が原稿に手を加え、思い通りの話が
できない、という実情は、以前からよくお聞きしております。つらい
お立場なのは、重々承知の上で、応援の意を込めて、エールをおくる
ものです。
 がんばってください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]