忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526]  [525]  [524]  [523]  [522]  [521
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(冒頭注:「東本願寺派」とは京都の東本願寺を本山とする「大谷派」
 とは異なる団体ですので、誤解を避けるため、表題を変更しました)

まず、蓮師のお言葉から紹介しましょう。
─────────────────────────────
蓮如上人御一代記聞書119

「天王寺土塔会、蓮如上人ご覧候て仰せられ候。
 『あれほどの多き人ども地獄に堕つべしと、
  不便思し召し候いつる』由、仰せられ候。
  また、
 『御門徒の人は仏になるべし』と仰せられ候。
 これまたありがたき仰せに候」

  あるとき、天王寺の法要に集まった、多くの人たちをご覧に
  なった蓮如上人が、おっしゃいました。
  「あれほど多くの人たちが、後生、苦患に沈むかと思うと、
   弥陀の本願を知らぬことの不憫さを、思わずにおれない」
  また、
  「この世で弥陀の救いにあわれた御門徒の皆さんは、死ぬと
  同時に、お浄土へ生まれ、仏になれるのだよ」
  と、おっしゃいました。有り難いお言葉でありました。
──────────────────────────────
このような蓮如上人の仰せと比べて、なんと隔たったものかと
驚き、呆れる言動が、中外日報に紹介されていました。
 
<東京都台東区の浄土真宗東本願寺派本山東本願寺は、1日・2日
 の両日、釈迦以来の法統を伝えた僧侶や同寺歴代上人らの御恩徳
 を讃嘆する法統慶讃会を勤修した>

問題は、二日目、大谷光見法主の親教のくだりです。

<フランスのルルドの泉を訪問した様子を報告。この泉は聖母マリア
 からお告げを受けた少女が発見し、病気治癒の効験があるとされて
 年間数百人の信者が訪れる。「皆さん深い信仰に基づいている。真
 剣に神様を信じ、恩寵を頂けるという人が毎日何千人もやって来る。
 私は純粋無垢に信じる人に出会い居心地の良さを感じた」と語り>

 邪教、邪宗の人たちが、間違ったものを信じ、未来永劫、苦患に沈
まんとしている姿を見て、「居心地が良い」とは、何たることか!
 それら迷信に沈む人々に、何とか真実の教えを明らかにしなければ
ならないと、悲憤の涙とともに奮起してこそ、祖師聖人のみ跡を慕う
者ではないでしょうか。まして一派の法主たるもの、なおさらです。

 細かいことですが、ほんとうに「神様を信じ」というように「神」に
「様」をつけたとしたら、この法主、許しておけるものではありません。

 後段、述べているように、
<親鸞聖人750回御遠忌についても、深い信仰が必要だと強調>
したいのならば、ほかにいくらでも、出せる話はあるでしょう。我等が
浄土真宗の先達で、信仰に命を捧げた方が、たくさんおられるのだから。
 よりによって、なぜ邪教キリスト教の信者の話を、披露しなければ
ならないのか。
 慶讃法要を、汚すにも、ほどがある!と申しておきます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
タイトルを「東本願寺」から「東本願寺派」に変えていただけないでしょうか。「東本願寺」とだけ書くと、大谷派と誤解されるように思います。私たちの宗派にもいろいろな問題がありますが、統一教会などのカルトと手を結んだ「東本願寺派」とは明らかに違いますので。
大谷派僧侶 2009/06/25(Thu)10:30:38 編集
大谷派僧侶様へ
ご指摘有り難うございました。
25日午前10時36分、表題をそのように変更いたしました。

「東本願寺」→「東本願寺派」
管理人 2009/06/25(Thu)10:35:48 編集
無題
通夜の説教で、故人やご信心とはまったく関係のない与太話で会葬者の顰蹙をかうのと同じですね。

東山浄苑の青年法主(の言行)もヒドいですけど、http://www.honganji.net/tsuji/index.asp
大谷派から分かれたところは何処も末期症状なんでしょうかね。
KT 2009/07/02(Thu)15:25:27 編集
KTさんへ
コメント有り難うございます。
光輪のサイト見ましたが、たしかに、与太話。
ひどいもんですね。
「税金云々」のくだり、イライラしてきます。
宗教法人が、税制上優遇されているのは、「公益法人」の名の通り、
公衆の利益に供する活動をするからです。

つまり、世のため、人のために、無上の法をお伝えするからこそ、
各種の優遇を受けているのであって、だから、所属する僧侶、布教使の
肝に銘ずべきは、「人々を、真に幸福にする法を、お伝えしているか」
という点です。
われら親鸞学徒にとっていえば、「親鸞聖人の教えを徹底する」使命を、
果たしているか、どうか、常にこれ一つです。

そのかんじんな点を忘れて、まったく別のほうへ話が行っており、
何じゃこりゃ、という感じですね。
仏法者、親鸞学徒して、いかにあるべきか。
当ブログでも、その原点を、踏み外さぬようにしたいと思っています。

皆様、今後とも、よろしくお願いします。
管理人 2009/07/03(Fri)09:27:20 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]