忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[529]  [528]  [527]  [526]  [525]  [524]  [523]  [522]  [521]  [520]  [519
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 昨晩の勉強会で、四国・讃岐、今の香川県の方とお会いしたので、
讃岐の有名な、庄松同行のことで、話が盛り上がりました。
 庄松さんの、よく知られた、こんなエピソード。

 あるとき、友達が、たずねました。
「庄松さん、死んだら地獄に堕つる、後生の一大事があるとか、
阿弥陀如来に救われたら、死ねば極楽浄土へ往けるとか、アンタ
言われるが、地獄や、極楽は、ホントにあるのかい?」
 庄松同行、答えて、
「もちろん、あるわい」
 友達は、疑惑いっぱいの顔で、
「じゃがなあ、ワシは、この眼で、しっかりと見たものしか、
信じないんじゃ」
 すると、庄松さん、顔色一つ変えず、直ちにこう切り返しました。
「あの山の向こうに、阿波があるぞ!」
   (※阿波・・・今の徳島県)

 さすが、信心喜ぶ身となった、庄松さんならではの、当意即妙の
切り返しですね。さて、おわかりになりました?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ところで
この場合、山は何を表しているのでしょうか?
NONAME 2009/06/23(Tue)16:08:54 編集
NONAME様へ
山は、阿波への視界をさえぎるものです。
管理人 2009/06/24(Wed)10:13:40 編集
ちなみに
地獄、極楽への視界をさえぎるものは何なのでしょうか? また、この「ワシは、この眼で、しっかりと見たものしか、信じないんじゃ」という男はどうしたらいいのでしょうか? いまいちよくわかりません。
NONAME 2009/06/24(Wed)22:34:16 編集
再度NONAME様へ
二つの質問にお答えします。

・「山に遮られて、阿波が見えない」とは、

    死後の地獄、極楽を、私たち凡夫の智慧では、
    見ることができない、ということです。

・では、この男はどうしたらよいのか

    そんな不完全な凡夫の智慧で、「見えるものしか信じない」と
    言っていることの愚かさに気づくべきでしょう。
    そして、弥陀に救われ仏智をたまわって、未来を見通せる身に、
    早くなってもらいたい、ということです。

 最後に、未来の往生をハッキリと仰せられた、親鸞聖人のお言葉を
挙げておきます。

「この身は今は歳きわまりて候えば、定めて先立ちて往生し候わんずれば、
 浄土にてかならずかならずまちまいらせそうろうべし。」(末灯抄)

「わが歳きわまりて、安養の浄土に還帰す」
            (御臨末の書)
管理人 2009/06/25(Thu)10:31:35 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]