忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[616]  [615]  [614]  [613]  [612]  [611]  [609]  [610]  [608]  [607]  [606
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

御影堂の修復が終わり、11年ぶりとなる報恩講、そのオープニングに
あたる、お逮夜法要に、たったの2500人!?
びっくりしました。ここまで、なってしまったかと。
毎日新聞の記事からです。

報恩講:親鸞をしのび、御影堂で--西本願寺 /京都

 浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺(下京区)で9日、
宗祖・親鸞をしのぶ同派最大の法要「報恩講」が始まった。
約200年ぶりの大修理が終わった御影堂(ごえいどう)
での報恩講は11年ぶり。16日までの期間中に全国から
約7万人の参拝客が見込まれている。

 御影堂では報恩講の始まりを告げる「逮夜(たいや)法要」
があり、僧侶や門信徒ら約2500人が室内にぎっしりと
詰め掛けた。大谷光真門主の長男で後継者の光淳新門(32)
が導師を務め、すべての人々の救いを願った「念仏正信偈
(しょうしんげ)」を門信徒らと一緒に唱えた。【木下武】
          毎日新聞 2010年1月10日 地方版>

「僧侶や門信徒2500人」とあります。
全国の僧侶が、全員出席したら、こんな数ではないはずです。
ということは、報恩講の、オープニングに、参詣していない
僧侶がいた!という驚くべき事実が、分かります。
いや、「いた!」どころではない。大半が、参詣してない!
ということです。

報恩講に参詣していない、親鸞聖人のご恩に報いようという
気持ちのない僧侶が、大半であったとは、宗門はすでに崩壊
していると言ったら、言いすぎでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はい,私も「報恩講の、オープニングに、参詣していない」住職です.15,16日と,自坊で門徒さん方と御正忌を勤めさせていただきました.本願寺の「大半の」住職・門信徒は,地元のお寺で親鸞聖人のご恩をしのび,静かに聴聞とお勤めをしながら御正忌を過ごします.これが宗門の崩壊とはさらさら思っていません.
NONAME 2010/01/27(Wed)01:29:36 編集
だから崩壊といわれるのです
「宗祖親鸞聖人のご遺徳をしのび、多くの方のご参拝をお待ちしております」と、再三再四
呼びかけられていても、地元でつとめていますからいいでしょう、と言って、呼びかけに
答えようとしない。
すでにして、そこに、宗門の崩壊を見る、と言っているのです。
いえ、一番の崩壊は、正しい教えが伝えられていない、という点です。
その点については、別項で述べておりますので、ご覧下さい。
管理人 2010/01/28(Thu)19:17:11 編集
お返事ありがとうございました
 1.27付け無題コメントを投稿した者です.お返事ありがとうございました.今回はハンドルネームを入れておきます.

 お返事の件,了解しました.ご本山の呼びかけに対する態度の違いですね.

 ご本山の呼びかけに応じるかどうかは,不遜な言い方ですが,各寺で判断させていただいてよかろうかと思っています(ご本山の方,ごめんなさい^^;).

 もちろん,本当に崩壊に瀕しているなら,とるものもとらず駆けつけるでしょう.また,ご本山にお参りする必要はない,と思っているわけでもありません.こういう行事のときではありませんが,昨年も何度か,お参りさせていただきました.組としての団体参拝も続いています.また,今年は近くのお寺さんとそのご門徒さんがあるご縁からお逮夜にでかけられ,皆さんからうらやましがられています.わたしも,そのうちご縁にあわせていただこうと思っています.

 えらく呑気なことを言っているとお感じかもしれません.でも,まあ,TAXIさんのお言葉を借りれば,正しい教えが伝えられているかどうかが大事で,それに比べれば,記念行事にマナジリ決して駆けつけるかどうかは些事に属する・・・といえば言いすぎでしょうか.別の言い方をすれば,ご本山(というか宗門)もいろいろな問題を抱えていることは事実ですが,それは,記念行事に全国の僧侶・門徒が参加しなかったということとは別の問題でしょう(そもそも,ほんとに皆が行ったら,それこそ本願寺は崩壊しますわ,入るところがなくて^^).

 長文失礼いたしました.
T.N. 2010/01/28(Thu)23:56:06 編集
大事なことをいいわすれてました
>報恩講に参詣していない、親鸞聖人のご恩に報いようという
>気持ちのない僧侶が、大半であったとは、宗門はすでに崩壊
>していると言ったら、言いすぎでしょうか。

‘報恩講に参詣しない=親鸞聖人のご恩にむくいようという気持ちのない僧侶’ではないですよ,というのが最初の投稿の趣旨でした.本願寺の呼びかけに応じるかどうかは別問題ですね.
N.T. 2010/01/29(Fri)00:01:23 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]