忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[341]  [342]  [343]  [340]  [338]  [339]  [337]  [336]  [335]  [334]  [332
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 真宗教団連合は、政府に対し、首相や閣僚が、靖国神社に
参拝することに抗議する声明文を、提出しました。
 政府も、官房副長官が対応し、受け取りはしたものの、まあ
実態は、何も変わらないでしょう。

 しかし、変わらないだろうからと、何も行動を起こさない
ようであってはならないと思います。
 なぜなら、親鸞聖人は、釈尊一代の教えの結論たる「一向専念
無量寿仏」を、身命を賭して叫び続けられたからです。私たち
仏法者が命かけてまもらねばならないのは、これ一つです。
 歴代の善知識がたも、これ一つに徹してこられたのです。

 ところが、昭和初期のある時期、軍部の圧力に屈して宗祖の
ご教導を踏みにじり、教行信証の一文を削り取り、門主自らが
神社に参拝して、一向専念をねじ曲げたところから、現在の、
「長期低落傾向」が始まっているのです。
 理由は明白です。
 真宗が、真宗であることを、捨てたからです。

 以後は、真宗ならざる偽真宗となり、歌と踊りと福祉事業、
慈善団体になってしまった。最近の本願寺新報をご覧ください。
1面で「説法」の写真も、「聞法」の写真もなく、タマネギ掘り
やら、コンサート、盆踊りばかり。
 真宗が、真宗であることを捨てたら、寺はただの集会所です。
住職は、その管理人にすぎません。
 真宗は、真宗たることに、立ち返ろうではありませんか。

 ならばこそ、効果がどれだけあるかはわからなくとも、靖国
への閣僚参拝に「断固抗議!」は、大切なのです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]