忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [286]  [285
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 5月20日号の「本願寺新報」を読んで、惨憺たる現状に
目を覆いたくなった方も多いでしょう。
 昨年11月から始まった、寺院後継者不足対策のひとつ、
「NET縁」ですが、ようやく第一号の入寺が決定したとの
報道でした。
 半年たって、ようやく一組かよ、という悲しい現状なので
すが、新報では、まるで「よかった、よかった」という報道
なのに、またビックリです。
 
 そんなに住職になりたい人がいないのかよ!
 半年かかって、やっと一組、こんな成果、誇れたもんじゃ
ないだろう!
 貧すりゃ鈍する、とはよくいったもの。報道する側も、何が
評価すべきことか、見えなくなってしまっているようです。

 こんなときには、全紙面あげて、
「若き僧侶たちが語る!
 寺に生まれてよかった!
 全国から、喜びの声、続々と」
みたいな特集をやって、読んだ人たちが、
「そうか、住職とは、そんなにやりがいのあることなのか。
 じゃあ、私も目指してみようかな」
と思うような記事を載せなきゃ。

 今回のような記事では、
「半年で、やっと一人見つかる、か」
「そんな施策、失敗じゃないの」
「よっぽど、なり手がいないんだね」
「あーあ、将来、暗いなあ」
そんな印象ばかりが残る報道ですよ。編集のKさん。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
それじゃ
まるで「勝利」「前進」とか、やたらめったら元気そうな文字ばかり並んでいる、どこかの宗教団体の新聞と変わらないのでは?
その方が余程危ない危ない……。
愛読者 2008/05/30(Fri)17:09:32 編集
違いの分かる人 分からない人
愛読者さん、コメントありがとうございました。

同じ「信心」という言葉を使っても、
浄土真宗では、たとえば蓮如上人は、
「信心をとれ」「信心をとる」といわれ、
創価学会などの、他宗では、
「信心せよ」「信心しなさい」といわれる。

ちょっとの違いのようで、実は、大変な違いが
あること、愛読者さんなら、お分かりだと思います。

このように、文字づらだけ見て、「同じみたい」
と思っている人と、その文意を徹見して、「ああ、
まったく違う!」と気付く人が、ありますね。

今後とも、愛読者さん、よろしくお願いします。
管理人です 2008/06/19(Thu)14:37:51 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]