忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 宗門が制作していたビデオDVD「親鸞さま」ですが、1月22日には、
宗務所で試写会もありました。
 書こうか、どうしようか、迷いましたが、やはり書いておきます。

 まず長さは、1時間48分、「かなり長い」という感想がありました。
 しかし内容は、出家得度から越後流刑、関東から京都へ、そして善鸞
事件まで、かなりの駆け足で描いてあり、掘り下げが全く足らない、
したがって、ただ次々と事実が述べられるだけになっています。
 
 たとえば、善鸞事件にしても、関東で善鸞が父の教えに背いた背景に
は、関東での念仏弾圧、日蓮一派の暴挙、教団内での善鸞の立場など、
さまざまな背景が、まずあります。
 また善鸞の行なった邪義も、きちんと批判を加えておかないと、何が
どう間違いなのか、伝わりません。彼の邪義が秘事法門のもととなり、
今日でもなお伝わるほどの影響を残したのですから。
 さらには、親鸞聖人がこの決断を下されるまでに、いかに悩まれ苦し
まれたか、こここそ、わが宗門として、よくよく知っておかねばならな
いことではないでしょうか。「恩愛はなはだたちがたく」と仰せられた
宗祖の、下されたご決断なのですから。

 これら一切が、いずれも描かれていないのです。

 さて、経費の面は、どうなのでしょう。
 販売定価は3990円(税込)です。
 アニメーション制作は、1分あたり100~150万円が相場ですので、
108分だと、総制作費が1億800万~1億6200万円と思われます。
 ダビング等は1枚あたり400円と計算すると、3万~4万枚売れれば、
モトがとれる計算になります。

 しかし、かつてのビデオ「念仏物語」が、5000本売れていませんの
で、3万枚も売るには、相当の宣伝が必要になります。その宣伝経費を
考えると、赤字は避けられない見通しです。

 結局、内容は詰め込みすぎで消化不良、会計は赤字で、いいところ
全くなし、というアニメDVDになりそうです。

 さて、こちらのアニメ全集は、第6部がもうすぐDVDになるそうで、
そうなると、ようやくVHSに続いて、DVDでも完結することになり
ます。全6巻、総上映時間10時間、うーん、かなりの大作だ。
 あっ、いえいえ、「ダイサク」ではない、「タイサク」です。
 濁点つくか、つかぬかで、エライ違いや。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]