忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 東京ボーズコレクションで、真宗の自殺行為をやってしまった
築地本願寺ですが、本来の任務である布教では、山崎龍明大先生を
講師に迎えての、歎異抄講座を、昨年から続けていました。

 歎異抄といえば、全18章、毎月第3土曜日に行われてきて、
2月だけは9日に第9章、3月は第10章について、とくれば、
4月は第11章、5月は第12章、・・・と思うじゃないですか。

 ところが、3月限りで、終わってしまいます。まだ、全18章
終わっていないのに。なんで?

 いろいろ憶測が飛び交っていますが、たとえば、「歎異抄を
ひらく」(高森顕徹著)が、今年3月に発刊されることが決定
しました。

(以下は、その紹介が載っているブログです。
全巻読破チャレンジ中!
出版社へのリンクも、張られています。)

 版元のサイトを見ますと、
「古今の解説書が明らかにできなかった『歎異抄』の謎を、
 ときひらきます。」
とうたわれています。

 そういえば、山崎龍明大先生は、本願寺新報に、歎異抄の解説を
連載中でしたね。あれには、ちゃんと、第11章以降も書いていた
はずです。

 しかし、そこでは、明らかにできなかった「歎異抄の真意」が、
今度発刊の本で、白日の下にさらされると、そりゃ弱ります。
 そこで、この本の内容を見つつ、今後の出方を再検討するので
暫時休講、となるのではなかろうか、との見方があります。

 そうそう、「歎異抄をひらく」のプロモーションビデオが
あるんだって。関心のある方は、上記の出版社のHPの中に
ありますので、どうぞ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
誰にでも
べつに恐れて終わらせたわけではないと思いますよ。批評を書く時はただの意見ではなくて、ちゃんと考えたほうがよいのでは?
誰にでも 2009/07/27(Mon)12:30:41 編集
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]