忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ラジオ番組「みほとけとともに 西本願寺の時間」を聴いて、
あれっと思った人も多いでしょう。
「 外国人メディアの取材を受けて」と題して、 福島県専福寺
住職で、本願寺派布教使の、松井 丘 (まつい たかし) さんが
話をしていました。1.GIANT LEAPというグループの取材で、
あれこれ質疑応答があったことを、ラジオで話していました。

 今、その話の内容についても、突っ込みどころがいっぱいなの
ですが、その前に、この人が、宗門を代表して、答えたことになる
のでしょうか?
 この答えは、松井師個人ではなく、宗門として、西本願寺として
公式の回答、と言ってしまって、よいのでしょうか。

 松井師の、宗門における詳しい立場は知りませんが、宗門の代表
として責任を持って答え得る人なのか、どうでしょう。

 もちろん、グラミー賞にノミネートされたこともあるグループ、
だと、この「1.GIANT LEAP」のことが、紹介されていますが、
これ「メディア」じゃなくて、ただの世界の民族音楽を融合させよう
という音楽活動を続けている、グループです。
「メディア」っていうと、新聞か、雑誌か、テレビ局みたいに思えますが、
ぜんぜん違いますので、誤解のないように。

 彼らのエスニック風というか、南国の風と、潮騒の浜辺、あるいは
草原の大地と、灼熱のサバンナ、はたまた果てしない砂漠か、熱帯雨林か、
というような、まあ、そういう音楽は、好きな人は好きでしょうが。
 この松井さんのような話をして、果たして、どれだけ理解したか。

 それより、これは、宗門を代表する、責任ある回答なのか。
 ちょっと、聴いていて、そのあたりに、引っかかりました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]