忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[333]  [331]  [330]  [328]  [329]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今朝の朝日新聞の広告特集は、驚いた。
 「人生に生きる意味もないし、生きがいもない」
 一世を風靡した元仏教学者(敢えて「元」という)ひろさちやの、異常としか
思えない発言で始まる。
 「仏教は、世間をばかにするためのもの」
 これも、ひろさちや独特の言い回しで、「世間虚仮」を言いたいのだろうが、
前後を読むと、そうでもなさそうで、ホントに、「どうしちゃたの?」と言いたく
なってくる。

 中でも、ここだ。

「仏の物差しというのは、実現は困難なもので、理想として受け止めればよい」

 ははあ、要するに、ひろさちやは、大聖釈尊の教説を、一つの理想論であり、
夢物語であって、「実現は不可能」だと受け止めていたのだ。
 とすれば、先の発言も、「世間は、ばかばかしいもの」だし、じゃあ、仏教で
説かれる理想はどうかというと、「どうせ実現はできないもの」であれば、何も
この世で、目指すものはなくなり、「狂って生きよ」というひろさちやの自説が
結論になってくるのだ。

 しかし、絶対にこの説は間違いだ。「往生即成仏」の最終目的は、無上仏の
誓願力によって、必ず果たせるのである。彼流にいえば、「実現可能」なのだ。

「若不生者のちかいゆえ
   信楽まことにときいたり
   一念慶喜するひとは
   往生かならずさだまりぬ」(和讃)

 弥陀の命がけの本願ましませばこそ、必ずこの世で、往生一定の身になれる
時がくるのである。
 ひろさちや、この仏教の真髄が、まったく分かっていないのだ。敢えて「元」
仏教学者と、揶揄した次第。

 蛇足。「狂って生きよ」と口走る氏であるが、「狂う」は、放送禁止用語で、
こんな言葉を口走られたら、放送局は大弱りだ。それでだろう、最近、どこの
番組でも、氏にコメントを求めることは、極端に減ってきた。当然だろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]