忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今朝の「みほとけとともに 西本願寺の時間」聞かれましたか。
 大阪・堺のドブ川が、町の工業化とともに汚れ、悪臭を放ち、
人々が近づかなくなった。ところが、美術の先生が「そんな川
にも美しさがある」と言う。それは、どんなドブ川でも、陽光
を受けて、輝くそのキラメキは、美しい、という話の流れでした。

 そこで宗祖親鸞聖人の「凡夫というは、無明煩悩われらが身に
みちみちて、欲も多く、いかり腹立ち、そねみねたむ心多く、
ひまなくして、臨終の一念にいたるまで、とどまらず消えず、
絶えず」を引用。
 煩悩に穢れ、悪臭を放っている私たちでも、南無阿弥陀仏に
よって輝きを与えられる、という話なのですが、私の横で聞い
ていた人が、「ウチら、そんな輝いとるとは、思えんが」と、
ポツリと言われました。私もまったく同感です。

 南無阿弥陀仏は、今すでに、私たちに届いている、というが、
それにしては、相も変わらず、迷い苦しみ続けているし、後生
に何の明かりもない。不安いっぱいの心で、生活しています。

「南無阿弥陀仏は、もう届いていますよ」と、僧侶がいくら
言ったところで、生活者にはその実感も、喜びも、ましてや
感謝もないから、僧侶の話は、宙に浮いてしまうのではない
でしょうか。
「いや、ホントに、届いているんですか?」というのが、説教
聞いた多くのご門徒の真情なんですよ。お客僧は、お念仏肝要
とだけ言って、戻って行かれるが、残った住職は、実感もない、
手ごたえのない、ポカンとしておられるご門徒に、どうフォロー
したらよいのですか。
 それと同じことが、ラジオの全国放送でも流れているだけ。

 ドブ川に、陽光の輝き!
 いい喩えを思いついた、とでも思われたのでしょうが、一般
生活者の感覚とは、余りにかけ離れて、煩悩即菩提、生死即涅槃、
転悪成善の境地をおっしゃりたかったのでしょうが、ちとばかり
ムリがあったのではないでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
気を付けましょう
 一口に浄土真宗と言ってもいろいろな考えがありますね。恐いですよね。
 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1185723824/
http://homepage2.nifty.com/nonsect/
偽親鸞 2007/08/15(Wed)12:34:35 編集
無題
本願寺には、親鸞会や真流一の会といった浄土真宗もどきの新興宗教で苦しんでいる人がいる事を把握して、早急にカルト対策をして欲しいと思います。ここの管理人は、こうした問題についても記事を書いて欲しいと思います。
大谷派は最近随分熱心にこれらの事をやるようになってきましたし、成果も上がっているようです。本派はまだまだだと思います。
親鸞会について 2007/08/17(Fri)22:37:29 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]