忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[701]  [700]  [699]  [698]  [697]  [696]  [695]  [694]  [693]  [692]  [691
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 本日、「門徒」と名乗られる方から、コメントが届きました。

ただ、内容は、wikipediaに掲載されていたが、現在は削除されて

いる或る記事を長く引用されて、それについてのお尋ねでした。

 すでに削除されたものを、こちらで再度掲示するのは、いかが

かと思い、そのコメントは公開にはしておりませんが、固有名詞を

除いて、そのお尋ねを略記するならば、ポイントは

「善に励まなければ、善い結果は得られない、というのは事実か」

ということでした。

たとえば、

(1)熱心に布教をしなければ、教えを聞く人は減っていく。

(2)しっかり金銭管理をしなければ、財政難に陥る。

(3)現代人にも分かる言葉で伝える努力がないと若い人は聞かない。

(4)せっかくお参りされた方が「また聞きたい」と思われるような

   法話をするための努力を怠っていては、参詣者は減っていく。

というような具体例を出され、これらの反対のことをしていれば、

決して衰退することはない、というような記事でした。

 管理人として、お答えします。私も、この意見に賛成です。

 善因善果 悪因悪果 自因自果 これは因果の鉄則です。

 まかぬタネは生えませんが、まいたタネは必ず生えます。

 おおいに、善に心がけていきたいものです。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
返信
答えて頂いて有り難うございます。
以前、祖母の葬式が有ったのですが、手次の寺の僧侶は正信偈をお上げして世間話をして帰って行きました。
説法は全くなく、今時の僧侶にとってはそれが普通なのだろうと思っていました。
しかし、それは問題になっている行動だったのですね。
管理人さんは真宗関連のお仕事をされているということですので、ご布教頑張って下さいませ。
門徒 2011/03/03(Thu)20:56:01 編集
無題
自信教人信の通り。
念仏為先 2011/03/09(Wed)22:07:55 編集
質問
このエントリーにおける「善」とは何をさしているのですか。そして、親鸞聖人はみ教えのなかでどのように「善」を勧められているのでしょうか。できればその御著書の中から該当箇所を教えていただけませんか。
みみみ 2011/03/11(Fri)17:21:52 編集
みみみさんへ
ここで「善」とは、仏教で教えられている諸善万行のことです。

「諸善万行ことごとく
 至心発願するゆえに
 往生浄土の方便の
 善とならぬはなかりけり」(和讃)

親鸞聖人は、
弥陀の救いを求めて行う諸善は
すべて浄土往生の方便の善となるのですよ
と仰せられ、善をすすめておられます。
管理人 2011/03/11(Fri)23:26:32 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]