忍者ブログ
世界の光・親鸞聖人の教えを世界に! 夢は大きく、現状には厳しい目を!
[506]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

関西、関東だけでなく、中部圏でも静岡に、新型インフルの感染者が
見つかりました。引き続き、注意したいですね。

さて、以下は、共同通信の配信したニュースです。
西本願寺で大修復祝い法要 インフルで子供の参加中止
(リンク先では、写真付きで報じられています)

<「西本願寺で大修復祝い法要
    インフルで子供の参加中止」


   浄土真宗本願寺派の本山、西本願寺(京都市下京区)
  御影堂で「平成大修復」の完了を祝う法要があり、堂内
  で22日、読経が行われた。26日まで。

   法要が始まると、大谷光真門主が読経し、集まった
  約3000人の門徒が唱和。京都市内の男子児童が新型
  インフルエンザに感染していたことが21日に判明した
  影響で、予定していた子供の門徒約70人が宗祖・親鸞
  の像に黙礼する法要の行事が急きょ取りやめになった。>

 3000人というのは、これだけの大修復のお祝い法要にしては
少ないなと、皆思ったことでしょう。しかし、新型インフルエンザ
が蔓延している地域(大阪、兵庫)などからは、参詣を自粛した、
のだとすれば、まあ、分からなくもありません。

 いっぽう、京都市内で男子児童が感染したので、市内からの子供
たちの参加が取りやめというのは分かりますが、じゃあ大人たちは
大丈夫なのか、という懸念は、残ります。しかも、当日ご覧になった
方はお分かりでしょうし、リンク先の写真を見ても分かるように、
感染防止のためマスクをしている人も、少なかったと思います。
 今回のインフルエンザは、飛沫感染といわれていますから、自ら
飛沫を飛ばさないようにすることが大切です。それにはマスクは、
一定の効果を示しますから、もっと呼びかけて、マスクをすべきで
なかったか、と考えます。いや、もちろん、呼びかけはなされたの
だと、いうことであれば、それを更に徹底する、という意味で、
ひとこと申し添えます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者アド
このブログの中を検索できます
最新コメント
[02/07 NONAME]
[05/14 管理人]
[05/13 リーズル]
カウンター
アクセス解析
バーコード
このブログを携帯でご覧になる方は このコードを読ませてください。
プロフィール
HN:
TAXI
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/10/31
職業:
真宗関係
趣味:
音楽・映画・地図を眺める
忍者ブログ [PR]